延岡学園・横瀬貴広が完封!花巻東の好打者の魅力

 花巻東をここまで牽引してきた2番千葉 翔太(3年・中堅手・左左・156/56)が無安打に終わった。千葉の特徴は、「狙い球以外はファールし続ける」こと。しかし、この“ファール打ち”にクレームがついた。

「打者が意識的にファウルするような、いわゆるカット打法は、そのときの打者の動作(バットをスイングしたか否か)により、審判員がバントと判断する場合もある」(高校野球特別規則の『17』)――このバントの定義に千葉の“ファール打ち”が引っ掛かるというのだ。

 最初見たときは「せこいバッティングだ」と思った。捕手寄りぎりぎりまでボールを見て、ボールなら見送り、狙い球以外ならカットしてファールに逃げる。卑怯じゃないか、とも思った。しかし、済美戦の“内野手5人シフト”を見てから、印象が変わった。シャープなスイングをして強い打球を打てる打者だと感心した。
 準決勝の鳴門戦では先発・板東 湧梧に41球投げさせ4つの四球を得た。四球はすべて3ボール2ストライクである。これは卑怯どころじゃない、立派な技術だと思った。
 済美戦の鋭い打球はこの選球眼あってこそだと確信した。しかし、主催者からバントの定義に引っ掛かると言われたら、そうならないようにするしかない。結果は4打数0安打に終わり、相手投手が投げた球数は10球だけだった。鳴門戦で41球投げさせ4つの四球をもぎ取った嫌らしさはまったく見られなかった。

 延岡学園横瀬 貴広(3年・左左・176/80)、花巻東中里 優介(3年・左左・172/72)の先発投手は、左腕の技巧派という以外でも投球間隔(捕手の返球を受け取ってから投げるモーションを起こすまで)が短いという共通点があった。横瀬は4秒台、中里はそれを上回る3秒台という猛烈な速さである。
 横瀬はこのテンポの速さから90キロ台前半のスローカーブを投げてくる。花巻東の各打者は遅速の感覚がぐちゃぐちゃになりミートさえ覚束ない。安打は4、5、8回に1本ずつ出ただけで、四球はわずかに2個だけ。打たれる気配はまったくなかった。