序盤の畳み掛ける攻撃が勝敗を分けた

 強い、強い、強い。
 伝統の攻撃力は今年も健在。
 日大三が決勝進出を決めた。

 懐に来た球を待っていたかのように、確実に捉える。打席の中で迷いがない。
 準決勝の相手は、準々決勝で延長戦をサヨナラで制して破って勢いに乗る創価だったが、1回裏、ニ死から3番・森 龍馬が左翼スタンドへ豪快な本塁打。四球を挟んだあと、5番・太田 和輝も、甘めのストレートを左中間スタンドに放りこみ、試合を決めた。

 まだ決勝戦が残っているが、もし、彼らが予選を勝ち抜くことができたら、甲子園では優勝候補に挙げられることは間違いないだろう。
 しかし、彼らには死角がないのか。
 結果的に0対7で終わったこの試合は、結果だけを見れば創価側の大敗だったが、ただ、この試合に勝ち目がなかったかというと、決してそうではない。

 むしろ、上手く試合を運べば、勝てたのではないかとさえ思えた。
 ポイントなったのは1回表の創価の攻撃である。

 1回表、創価は先頭の東が四球で歩く。日大三の先発・大場 遼太郎がピリッとせず、さらには、次打者・松下が送りバントを試みると、大場は間に合いそうにもないニ塁へ投げてフィルダースチョイス。無死一、ニ塁となった。

 創価側からすれば、労せずしてチャンスをつかんだ。そしてここで、準々決勝戦でサヨナラ本塁打を放った3番・南を迎える。日大三としても、もっとも警戒しているバッターである。

 ところが、創価ベンチは南に送りバントを命じる。
 大場が安定しないうちに、南を迎えたにも関わらずの作戦だった。
 日大三からすれば、南と勝負しなくて良いどころか、アウトを一つ増やせてもらったのだ。
 走者はそれぞれ進塁したが、これで大場が落ち着きを見せる。
後続を抑えて、このピンチを乗り切った。
 この場面をポイントにあげるのは、得点が入ったか、否かではない。実は日大三に勝利するためのポイントはここにあった。