創価打線が初回に爆発!都立立川を退ける

 立川市立川公園野球場第2試合は、昨夏ベスト4、第三シードの創価と、前の試合13対1と東京都市大府をコールドで破った都立立川の対戦。

 試合は初回、創価打線が爆発。
 先頭の1番・奥輝彦が安打で出塁すると、続く2番・松下大輝がライトへ適時三塁打を放ちあっさり先制。更に5番・海老原 一佳の適時打、エラーで2点を追加。一死一、二塁としたところで、7番・内野 聖士郎が放った打球はレフトへの3点本塁打。この後さらにエラーで1点追加し、初回に大量7得点。前評判通りの強さを見せつける。

 しかしその後、創価はチャンスは作るものの、落ち着きを取り戻した都立立川先発・松川拓也の粘りの投球の前に得点を奪うことが出来ない。

 試合が再度動いたのは6回裏、創価の攻撃。一死二、三塁の場面で打席には6回表からリリーフで登場の樽海 賢司。レフトへ2点適時打を放ち、創価はようやく追加点を奪うことが出来た。

 なんとかまずは1点を返したい都立立川。7回には二死から4番・久島大輝が安打と相手エラーで二塁まで出塁するも、後続が打ち取られ、ゲームセット。前の試合コールドゲームを見せた打線は鳴りを潜め、一矢報いることは出来なかった。
 結局、7回コールド、9対0で創価が勝利。4回戦進出を決めた。

 都立立川は、部員や父兄だけでなく、応援団や、ブラスバンド、在校生、卒業生が多数駆けつけ、大声援を送っていた。敗れはしたものの、随所にいいプレーが飛び出し、授業が終わった応援団が駆けつけた2回以降は何度ピンチを迎えても失点を許さない粘り強さも見せた。強豪相手に真っ向勝負を挑んだナインには大きな拍手が送られ、球場に駆け付けた誰もが笑顔。この夏の素晴らしい記憶の1ページとして刻まれたことだろう。

(文:編集部)