日大鶴ヶ丘・大橋

創価・内野と日大鶴ヶ丘・大橋の注目の投手戦

 前評判の高い右腕同士の対戦となった。
 日大鶴ヶ丘大橋 優太と、創価内野 聖士郎との投げ合いは、ロースコアの投手戦となる。

 先制点を奪ったのは、創価。2回裏、先頭の4番矢澤悠希が二塁打で出塁すると、5番海老原 一佳の外野フライで三塁に進み、6番内野のセカンドゴロの間に、矢澤が還って、まずは1点を奪う。
 続く3回に、も7番小野 豪が内野安打で出塁すると、8番松下大輝のセンター前ヒットで好機を広げる。二死から、3番南 遼太郎が四球を選んで満塁とすると、4番矢澤がフルカウントまで粘って、押し出しの四球を選び2点目を追加。

 創価が2点リードのまま迎えた5回。ここまで4イニングを投げて、日大鶴ヶ丘打線にヒットを許さなかった内野だったが、ここで捕まる。

 日大鶴ヶ丘は、先頭の8番廣瀬 諒がセンター前ヒットで出塁すると、9番大橋が犠打で送って、一死二塁。続く1番伊地知 優と2番布施来樹の連続二塁打から、2点を挙げて同点に追いつく。
 さらに6回には日大鶴ヶ丘の5番栗田 優一が、内野の初球を捕え、ライトスタンドへ勝ち越しとなるソロ本塁打を放った。
 一方の創価は4回以降、ピッチングの調子を取り戻した大橋の前に追加点が奪えない。
 2対3と創価が1点ビハインドで迎えた7回、二死から3番南が相手の守備のエラーで出塁。4番矢澤の打席で、二盗を成功させは反撃のチャンスを呼び込む。打席には、この日2安打1四球と好調の矢澤。
 この場面で、日大鶴ヶ丘エース・大橋は、
 「一打席目に矢澤選手にストレートを打たれたので、ストレートには強いのかなと思った。それで、この打席では変化球で勝負しようと、フルカウントから最後はチェンジアップで三振を狙っていきました」と、大橋は見事、4番矢澤を三振に斬ってとり、ピンチを凌いだ。
 その後も大橋は、8、9回と創価打線にヒットを許さず、3対2で、この投手戦をものにした。