岩倉・宮崎君

2度のスクイズ失敗、岩倉流れ作れず

2度のスクイズ失敗が、岩倉にとっては何度も引き寄せられそうになった試合の流れを最終的に自分たちのものにすることができなかった。逆に、選手個々の力としては上回っている創価が、結果的には力ずくで抑え込んだ形となった。

岩倉は宮崎君、創価は内野君の先発だったが、ともに初回は3人で抑えてまずは無難な立ち上がりだった。

しかし2回、創価は無死一、二塁からバントが小フライとなり併殺で二塁走者も刺され二死一塁となった後に、7番小野君が左中間へ2ランを放った。近藤省三監督にとっては、策が失敗した後の一発ということで、何とも言えない先制点になった。ただ、このあたりに創価の選手のポテンシャルの高さがあるといってもいいのであろう。得点にこそならなかったものの創価は、さらに松下君も二塁打を放って続いている。こうした、畳かける力でプレッシャーをかけていったということにもなっていたであろう。

 それでも、岩倉はすぐに反撃に出た。3回、9番大山君が追い込まれながらライト前へヒットを放つと、福山君がしっかりとバントで送り、2番酒井君がライト前へ持っていって二塁走者が生還し1点差。

なおも相手失策があって1死一、三塁。

4番森山君という場面で岩倉の磯口洋成監督は迷うことなくスクイズを指示したが、これがフライとなってしまい併殺。同点機を逸した。