14回を投げ切った東亜学園先発・福山

東亜学園が延長14回の投手戦を制す

試合は粘り強い投手戦となった。
先行の都立福生は初回に1安打、2回には6番サード武藤が2塁打を放つなどスコアリングポジションにランナーを進めるも得点には繋がらず。さらに3回には9番センター星が2塁打を放ち犠打で3塁まで進むがスクイズを失敗しこの回も無得点。

一方の東亜学園は5回に5番ファースト渡辺が初ヒットを打つも、後続が倒れこちらも無得点。

都立福生[/teamのチャンスは5回、再び先頭武藤がヒットで出塁。連続の犠打でランナーを3塁まで進め、バッターは前の打席で2塁打を放っている星だったが、東亜学園のピッチャー福山の前に三振に終わり得点には至らない。

その後、両校共にヒットは出るものの後続が続かずに無得点が続いていく。


9回に東亜学園にチャンスが訪れる。先頭の2番センター郡司が右前安打で出塁し、犠打、四球ののち、この日既に2安打している5番ファースト渡辺が猛打賞となる中前安打。都立福生[/teamにとっては2アウト満塁のピンチだったが続く6番林がショートライナーで倒れまたも無得点に終わった。

東亜学園・福山、都立福生[/team・石井。両投手とも譲らずに試合は延長戦に。
試合が動いたのは、再試合の可能性もちらついた延長14回裏。東亜学園は先頭の4番片居木が四球で出塁し犠打で2塁へ。そして6番ライト林が左前サヨナラタイムリーヒットを放ちサヨナラ。東亜学園が延長14回に及んだ激闘を制し2回戦に進出した。

(文=編集部)