2019年09月23日 徳島県鳴門総合運動公園野球場(オロナミンC球場)

池田vs富岡西

2019年秋の大会 徳島県秋季大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

富岡西、県大会初戦敗退で2年連続センバツは絶望的に



応援に駆け付けた3年生と共に勝者・池田の校歌を聞く富岡西

 昨秋四国大会ベスト4に入った実績などが認められ、21世紀枠の甲子園初出場となったセンバツでは優勝した東邦(愛知)に1対3と健闘。夏の徳島大会でも準優勝を遂げた富岡西が秋季徳島県大会初戦で敗退。2年連続のセンバツ出場は絶望的となった。

 旧チームの大黒柱・浮橋 幸太をはじめ3年生たちが応援スタンドで声をからす中迎えた名門・池田との初戦。
「立ち上がりの失点で思っている野球ができなくなった」と5番・主将の小田 隼(2年・中堅手・右投右打・183センチ73キロ・阿南市立第二中出身)が振り返ったように、富岡西は初回に1安打4四球に失策も加わり3点を失うと、3回表・4回表にも長打を絡められ失点。

 それでも「開き直っていけ」と小川 浩監督の檄が飛んだ中盤以降は反撃に転じたが、序盤の失点は大きく、最後は3点差を詰められず昨秋、四国大会出場をかけた3位決定戦の再来となった池田にリベンジを許した。

 なお、試合後には「このチームでもノーサイン野球は継続してやっていく中で、春からは現1年生も加えて競争をしていきたい」と今後の展開を話した小川監督。また、小田主将も「旧チームと比べられるのは理解している。僕らは一致団結とここぞの場面での工夫で秋の借りを返していきたい」と、富岡西・悲願の夏甲子園初出場への意気込みを述べている。

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
2021年の四国を盛り上げる投手たちを一挙紹介! 【ニュース - コラム】
第167回 森木大智だけじゃない!12人の四国の高校野球を盛り上げる好投手たち【高校野球コラム】
枕崎vs池田【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
池田vs鹿屋工【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
阿南光vs池田【徳島県 2020年秋の大会 徳島県秋季大会】
名西vs富岡西【徳島県 2020年秋の大会 徳島県秋季大会】
生光学園vs池田【徳島県 2020年夏の大会 徳島県高等学校優勝野球大会】
鳴門、池田など全国でも実績を残し、野球人を輩出する徳島県の伝統公立校を紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
第1004回 第1シード・徳島北を追いかける城東ら実力校!鳴門、鳴門渦潮の強豪校にも注目!【徳島県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第2回 昭和~平成を彩った公立校 池田高校 明らかに昭和の高校野球で一時代を形成した“やまびこ打線”の破壊力【公立校特集】
第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動【徳島の高校野球】
第1回 選抜優勝校に、初出場の新鋭!2019年の愛知を彩った高校野球3大ニュース【愛知の高校野球】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
池田 【高校別データ】
富岡西 【高校別データ】
第72回 徳島県高等学校野球秋季大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

徳島県地域応援スポンサー

徳島県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る