2018年07月23日 徳島県鳴門総合運動公園野球場(オロナミンC球場)

鳴門渦潮vs徳島商

2018年夏の大会 第100回選手権徳島大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

鳴門渦潮、猛烈な反発力で徳島商を撃破!

 6回までの投手戦、7回の打撃戦。全く違う2つの顔が1つの試合で見られた準々決勝となった。

 

 6回までは両先発が好投。鳴門渦潮左腕・服部 虎(3年・172センチ70キロ・左投左打・阿南市立阿南第一中出身)が、130キロ前後のストレートとカーブ・チェンジアップ・スライダーを織り交ぜて6回までの18アウト中12アウトをフライで仕留めれば、徳島商右腕・武田 翔太(3年・177センチ75キロ・右投右打・徳島松南ヤング出身)も最速133キロのストレートと変化球をテンポよくコントロールし、初回と6回裏の二死二・三塁も切り抜ける粘りの内容。試合は両者無得点のまま運命の7回に突入した。

 

 拮抗を破ったのは徳島商の主砲である。一死から右打席に入った4番・村田 龍哉(2年・左翼手・178センチ81キロ・右投右打・徳島松南ヤング出身)は服部の投じた高めストレートを思いっきり叩くと、打球はライナー性でレフトポール際の芝生席へ。大会7号、村田にとって高校通算14本目の豪快アーチでついにスコア動いた。

 

 ただ、その裏に鳴門渦潮徳島商をはるかに上回る反発力を発揮する。まず一死二塁から7番・藤井 祐輔(3年主将・二塁手・170センチ63キロ・右投右打・生光学園中ヤング出身)が左中間を低いライナーで破る同点三塁打を放つと、続く横田 衛(3年・166センチ63キロ・右投右打・北島町立北島中出身)も2番手マウンドに立った村田から勝ち越し中前打。さらに犠打・四球・安打で迎えた二死満塁から3番・城古 麻矢(3年・左翼手・左投左打・173センチ72キロ・ヤングあわじ<兵庫>出身)が走者一掃の中越三塁打を放つと、鳴門渦潮打線は打者12人を送り込んだ。

 

 最後は藤井が二死満塁からこの回2安打となる右中間適時2点打を放ってコールド勝ち。呆然とする徳島商ベンチを尻目に、2年連続甲子園へマジック2とした鳴門渦潮には歓喜の輪が広がった。

  

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
小松vs鳴門渦潮【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
四国大会の切符を掴むか?土佐塾や松山城南など勢いに乗っている躍進校たち 【ニュース - 高校野球関連】
高知や明徳義塾。そして尽誠学園らが順当に勝ち残った四国の強豪たち 【ニュース - 高校野球関連】
鳴門vs徳島商【徳島県 2020年秋の大会 徳島県秋季大会】
鳴門vs徳島商【徳島県 2020年夏の大会 徳島県高等学校優勝野球大会】
徳島商vs那賀【徳島県 2020年夏の大会 徳島県高等学校優勝野球大会】
鳴門渦潮vs板野【徳島県 2020年夏の大会 徳島県高等学校優勝野球大会】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第262回 強豪・鳴門渦潮(徳島)にいる、ドラフト候補投手トリオ!ともに信頼、切磋琢磨で夏の成就へ!【ドラフト特集コラム】
第1004回 第1シード・徳島北を追いかける城東ら実力校!鳴門、鳴門渦潮の強豪校にも注目!【徳島県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第986回 成長を刻み続ける四国の「TAIKI」石上 泰輝・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第257回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田 一也選手「常識を疑いながら鉄壁の守備を築き上げた独自の守備論」 【2015年インタビュー】
徳島商 【高校別データ】
鳴門渦潮 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念 徳島大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

徳島県地域応援スポンサー

徳島県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る