2018年07月15日 徳島県鳴門総合運動公園野球場(オロナミンC球場)

生光学園vs城西

2018年夏の大会 第100回選手権徳島大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

第3シード・生光学園、待ち望んだ「軸」で初戦を制す

 昨秋は現在高校通算43本塁打の湯浅 麗斗(3年・左翼手・187センチ88キロ・右投右打・生光学園ヤング出身)と、同じく高校通算31本塁打の山口 留以(3年・166センチ76キロ・右投右打・生光学園ヤング出身)の右大砲2門がけん引し、県大会準優勝・四国大会でも1勝をあげた生光学園。しかし、春は2回戦・総体協賛ブロックでは初戦で徳島商に連敗。その要因は「軸」の不在である。

 湯浅は徹底マークにあい持ち味の豪快スイングが影を潜めることに。また、安藝 智哉(3年・投手・179センチ80キロ・生光学園ヤング出身)の右ひじ痛長期離脱に伴い以前から懸念材料だった投手陣は、総体ブロック大会で1対10・屈辱の7回コールド負けという明確な形で課題が露呈した。

 

 ただ、彼らはその徳島商戦が6月2日から6週間が経過したこの日、見事に投打の軸を作ってきた。最も大きかったのは先発・齊藤 烈矢(3年・181センチ70キロ・南あわじ市立西淡中<兵庫>出身)のエースナンバーにふさわしい投球内容だ。

 

 ストレート対応に強みを発揮する城西打線に対し、齊藤はあえてストレート主体で勝負。それでも球速が最速137キロ、伸びも明らかに増したことで城西打線は振り遅れを繰り返した。7回を投げて81球3安打5奪三振無失点。四死球「0」。完ぺきである。

 

 一方、4回までは1得点と攻めあぐねた生光学園打線も5回裏一死一・三塁から5番・山口が意表を突くスクイズを決めると、以後は本来の打棒を発揮。山口が8回裏コールド勝ちを決める中前適時打を含む3安打2打点で存在感を示せば、4番の湯浅も終盤2打席で連続適時打の3打点。本塁打を単打の延長線上におくスイングは、大砲復活の胎動を感じさせた。

 

 2回戦の対戦相手は名門・池田。その後も難敵が待ち受ける生光学園。ただ、軸が出来た彼らに以前までの不安はもうない。生光学園は8回表に1年半ぶりの復活マウンドに立った安藝の助けも借りながら、学校悲願の甲子園初出場へ真っすぐに進んでいく。

 

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
都立日野vs城西大城西【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
城西大城西vs世田谷学園【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
鹿児島城西vs鹿屋中央【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
神村学園vs鹿児島城西【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
市立川越vs城西大城西【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
鳴門、池田など全国でも実績を残し、野球人を輩出する徳島県の伝統公立校を紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
夏のシード権獲得へ前進するのは?注目校を徹底紹介!【徳島県大会展望】 【ニュース - コラム】
第1004回 第1シード・徳島北を追いかける城東ら実力校!鳴門、鳴門渦潮の強豪校にも注目!【徳島県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第60回 選手11人・部員15人で秋季四国大会に出場 川島(徳島)の「ONE TEAM」【四国発】
第934回 第1シード・富岡西、悲願の夏初甲子園か? 徳島商、徳島北、池田らが激しく迫る【徳島大会展望】【大会展望・総括コラム】
第35回 生光学園(徳島)「甲子園初出場で歴史を塗り替える夏にしたい」【僕らの熱い夏2019】
第849回 センバツ出場・富岡西に迫るのはどこだ?波乱が巻き起こりそうな春季大会!【大会展望・総括コラム】
城西 【高校別データ】
生光学園 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念 徳島大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

生光学園頑張れ!みー 2018.07.16
試合に見に行かせていただき、ほんとに力強いエールをいただきました!まだまだ続く長い長い試合ですが、初の甲子園出場を目指して、頑張っていただきたいです!

応援メッセージを投稿する

徳島県地域応援スポンサー

徳島県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る