2017年10月01日 徳島県鳴門総合運動公園野球場(オロナミンC球場)

鳴門vs脇町

2017年秋の大会 徳島県秋季大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

脇町の最速141キロ右腕崩した鳴門の「初球攻撃」



2回裏鳴門二死一・三塁から右7前に先制適時打を放った9番・庄野 蓮汰(2年・二塁手)

 森脇 稔監督が大激怒した秋季県大会1回戦・阿南高専戦から1週間。「レギュラー陣は冬練習と同じような練習をしてきた」鳴門のV字回復は素晴らしいものがある。前日の2回戦ではタレントぞろいの徳島商を10対3で8回コールド撃破。そしてこの準々決勝、前日・小松島西との2回戦でアグリあなんスタジアムのスコアボードに「141キロ」を灯した進学校・脇町立木 遼(2年・投手・右投左打・177センチ68キロ・吉野川市立山川中出身)に対しても6イニングで13安打9得点。2年ぶりの大会ベスト4入りを7回コールドで決めた。

 流れを決めたのは2回裏二死一・三塁から9番・庄野 蓮汰(2年・二塁手・右投左打・167センチ66キロ・徳島市川内中出身)が高めに入った初球のストレートを右前にはじき返した先制打の場面。「ストライクが取れない投手ではないので、もっと慎重にいってほしかった」と脇町・馬場 潤一郎監督も悔いたように、立木が得意球であるスライダー・スプリットといった縦変化を使う前に打たれたことにより生じた心の動揺は、3回裏の打者11人7得点に影響したのは想像に難くない。エース・立木や脇町にとっては痛い課題を春に向かってもらった敗戦。ただそれは同時に、鳴門にとってさらなる自信を得る大きな1勝になったことだろう。

 とはいえ、鳴門はまだ次のステージへ進む権利を得たわけではない。「帰るぞ!」指揮官の声に顔を上げた選手たち。1週間前とは180度異なる強い意思を持った面々には「四国大会出場がかかった準決勝が本当の勝負」。そう書いてあった。

(レポート=寺下 友徳

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
板東 湧梧(現ソフトバンク)ら 4季連続甲子園出場を果たした2013年の鳴門戦士たちのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
鳴門、池田など全国でも実績を残し、野球人を輩出する徳島県の伝統公立校を紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1004回 第1シード・徳島北を追いかける城東ら実力校!鳴門、鳴門渦潮の強豪校にも注目!【徳島県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第1008回 「冬の野球自由研究」春・そして夏の開花へ 県立城東(徳島)【野球部訪問】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
仙台育英vs鳴門【第101回全国高等学校野球選手権大会】
鳴門vs花巻東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1020回 会社・スタッフ・地域…… 「このチームで」日本一にるために  河野 竜生(JFE西日本) 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第776回 全てをやりきったラストサマー!目指すは日本を代表する4番打者!野村佑希(花咲徳栄高) 【2018年インタビュー】
第774回 甲子園のスターから社会人屈指の本格派へ化ける!板東湧梧(JR東日本)の進化の秘密 【2018年インタビュー】
花咲徳栄vs鳴門【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
鳴門vs富岡西【徳島県 2018年夏の大会 第100回選手権徳島大会】
生光学園vs鳴門渦潮【徳島県 2018年夏の大会 第100回選手権徳島大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
鳴門 【高校別データ】
脇町 【高校別データ】
第70回 徳島県高等学校野球秋季大会  【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

徳島県地域応援スポンサー

徳島県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る