2017年07月27日 徳島県鳴門総合運動公園野球場(オロナミンC球場)

鳴門渦潮vs板野

2017年夏の大会 第99回選手権徳島大会 決勝戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

「ザ・キャプテン」森井 絃斗率いる板野破った鳴門渦潮、現校名で初甲子園!

 この日、最大の感動は試合後に用意されていた。一塁側ベンチ前では2012年4月に現校名となって初の甲子園出場を決め、歓喜を爆発される鳴門渦潮のレギュラー陣。一方、三塁側ベンチではガックリとベンチに腰を落とし、涙に暮れる板野のレギュラー陣。明暗くっきり分かれるベンチを横目に両校の控え選手たちは閉会式に向けてグラウンド整備を行っていた。

 そこに混じって黙々とグラウンド整備を行っていたのは縦じまに背番号「1」を背負う大柄な男。そう、板野の最速150キロ右腕・5試合44イニングを1人で投げぬいた森井 絃斗(3年主将・184センチ88キロ・右投右打・徳島中央シニア)である。

 今大会は準決勝まで1安打完封1回・1安打完投1回含む4連続完投で被安打12・38奪三振・11四死球・失点4・自責点3で防御率0.75。25年ぶりに板野を決勝の舞台に導く大車輪となった森井。しかし、この試合では8回を投げ127球で被安打10・四死球3・7奪三振・失点6の自責点5。初回は二死満塁から鳴門渦潮6番・奥 直人(3年・右翼手・175センチ78キロ・右投右打・大阪ニューヤング<ヤングリーグ・大阪>出身)に中前2点打を浴び、その際に女房役兼リードオフマンの前田 倫兵(2年・捕手・172センチ63キロ・右投右打・北島町立北島中出身)が負傷交代。その後は本来の投球ができず不完全燃焼で力尽きる形に。初の甲子園出場を果たせなかったことに対しては、自らが最も悔しいに違いない。

 にもかかわらず、両校の控え選手たちに一言声をかけ、健闘をねぎらいながらグラウンド整備を行った森井。そして閉会式では……車椅子で登場せざるを得なかった前田の後ろには森井が常に寄り添い、車椅子を押してベンチまでの道のりを案内した。

 すでに大会前から社会人・セガサミー入りを表明していた森井であるが、この一連の姿はすでに「一高校球児」を超え「一社会人」として範とすべきもの。この「ザ・キャプテン」森井 絃斗に心から拍手と賞賛を送りたい。

 もちろんその森井を打ち崩した鳴門渦潮もまた立派である。特に決勝戦でも4打数2安打2打点。これで大会16打数7安打6打点とした高校通算14本塁打の1番・豊久 雄友(3年・中堅手・179センチ70キロ・右投左打・生光学園中<ヤングリーグ>出身)。2回戦・阿南高専戦で高校通算7号含むサイクル安打、決勝戦でも二死二塁からチーム4点目となる技あり左前適時打を含む4打数2安打1打点で15打数7安打5打点とした3番・野口 智哉(3年・遊撃手・180センチ76キロ・右投左打・葛城ボーイズ<奈良>出身)は、課題とされていた守備面でも終始安定した動きを披露。「全国区」の名称を手にして聖地に乗り込む準備を完全に整えたといってよい。

 かくして決勝戦でも延べ8回3分の2を5安打8奪三振無失点に抑えた左腕・河野 成季(3年・左投左打・178センチ74キロ・左投左打・徳島藍住シニア出身)をエースに全国へ歩を進める鳴門渦潮。かつて甲子園を沸かせた鳴門工鳴門第一のブランド。そして森井 絃斗を筆頭とする全徳島県高校球児の想いも背負って、彼らは渦潮渦巻く鳴門海峡を渡り、聖地で自分たちを存分に表現しにいく。

(レポート=寺下 友徳

 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
小松vs鳴門渦潮【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
四国大会の切符を掴むか?土佐塾や松山城南など勢いに乗っている躍進校たち 【ニュース - 高校野球関連】
高知や明徳義塾。そして尽誠学園らが順当に勝ち残った四国の強豪たち 【ニュース - 高校野球関連】
鳴門渦潮vs板野【徳島県 2020年夏の大会 徳島県高等学校優勝野球大会】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第262回 強豪・鳴門渦潮(徳島)にいる、ドラフト候補投手トリオ!ともに信頼、切磋琢磨で夏の成就へ!【ドラフト特集コラム】
第1004回 第1シード・徳島北を追いかける城東ら実力校!鳴門、鳴門渦潮の強豪校にも注目!【徳島県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第988回 将来はプロ入りも狙える!明治神宮大会で印象に残った9人の逸材たち【大学生総括】【大会展望・総括コラム】
第934回 第1シード・富岡西、悲願の夏初甲子園か? 徳島商、徳島北、池田らが激しく迫る【徳島大会展望】【大会展望・総括コラム】
第986回 成長を刻み続ける四国の「TAIKI」石上 泰輝・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
生光学園vs鳴門渦潮【徳島県 2018年夏の大会 第100回選手権徳島大会】
鳴門渦潮vs徳島商【徳島県 2018年夏の大会 第100回選手権徳島大会】
高知vs鳴門渦潮【2017年秋の大会 第70回秋季四国地区高等学校野球大会】
第257回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田 一也選手「常識を疑いながら鉄壁の守備を築き上げた独自の守備論」 【2015年インタビュー】
板野 【高校別データ】
鳴門渦潮 【高校別データ】
第99回全国高等学校野球選手権徳島大会 【大会別データ】

応援メッセージ (4)

板野板高がんばれ野球バカ 2017.07.27
今日勝てば甲子園❗すべての力を出しきり板野高校を甲子園へ!ファイト板高
生光がんばれ!えいのん 2017.07.26
必ず勝てる!そう信じて!
今年は生光にとって歴史ある年になりますように!
後2試合、気合い入れて❗叔母 2017.07.24
板野高校、必ず甲子園へ‼
最後まで応援してる‼
鳴門!!!ファン 2017.07.03
ガンバレ!!!

応援メッセージを投稿する

徳島県地域応援スポンサー

徳島県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る