2014年07月16日 徳島県鳴門総合運動公園野球場(オロナミンC球場)

鳴門渦潮vs那賀

2014年夏の大会 第96回選手権徳島大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

名将ラストサマーに燃える鳴門渦潮、緒戦圧勝発進!

 鳴門工赴任以来、38年間(うちコーチ3年間)で2002年センバツ準優勝をはじめ、春4回・夏5回の甲子園出場で通算12勝9敗の好成績を残し、里崎 智也(千葉ロッテ捕手)、渡辺 亮(阪神投手)、谷 哲也(中日内野手)など、一線級のNPB選手も輩出している鳴門渦潮・高橋 広監督。かねてから「今年度が鳴門渦潮での最後の采配」と表明している名将にとって、那賀との緒戦はラストサマーのはじまりとなった。

 初回の守り、選手たちの固さはそのせいもあったのかもしれない。
最速142キロ左腕・松田 知希(3年・投手・左投左打・174センチ74キロ・徳島ホークス<ヤング>出身)は3ボール1ストライクから那賀1番・川尻 優太(2年・遊撃手・右投右打・165センチ60キロ・那賀町立相生中出身)に右前に運ばれ、高校通算16本塁亜の強打に加え、二塁送球1.79秒の鉄砲肩をこの日もマークしたNPBドラフト注目選手・多田 大輔(3年・捕手・右投右打・189センチ92キロ・徳島市立応神中出身)は一死からギャンブル盗塁に出た川尻を刺せず。二死三塁のピンチを背負うこととなる。

 ただ、ここからの彼らは落ち着いて試合を運んだ。
松田・多田大のバッテリーは昨秋・板野に県大会2回戦敗退した要因ともなった三振を取りに行く配球は控え、那賀4番を三塁ゴロに打ち取ると、その裏打線は3安打に3四死球を絡め一挙5得点。
その後も4回には1番・兼板 優貴(3年・中堅手・右投右打・172センチ72キロ・徳島市立国府中出身)が今大会第1号となる左中間ランニング3ランを放つなど、14安打で14得点と効率のよい攻めで那賀を圧倒する。

 かくして、春季四国大会準優勝で第3シードを獲得した好循環を維持したまま夏の緒戦を飾った鳴門渦潮
3年前、美間 優槻(現:広島内野手)をエースに鳴門第一鳴門工業との併合初年度にあと一歩まで迫った甲子園を目指し、名将と選手たちは一丸となって、この先も闘っていく。

(文=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
那賀が完封リレーで二次予選進出を決める!準々決勝4試合を徹底レポート!【和歌山県新人戦】 【ニュース - 高校野球関連】
那賀vs紀央館【和歌山県 2019年秋季大会 和歌山県下高校野球  新人戦】
黒川、東妻が甲子園に帰ってくる!智弁和歌山が3年連続24回目の切符 【ニュース - 高校野球関連】
第934回 第1シード・富岡西、悲願の夏初甲子園か? 徳島商、徳島北、池田らが激しく迫る【徳島大会展望】【大会展望・総括コラム】
第986回 成長を刻み続ける四国の「TAIKI」石上 泰輝・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第934回 智辯和歌山、市立和歌山の2強を追いかける有力校にも要注目!【和歌山大会展望】【大会展望・総括コラム】
第42回 那賀(和歌山)「強豪校がひしめく和歌山を勝ち抜き甲子園初出場を掴む」【僕らの熱い夏2019】
那賀vs初芝橋本【和歌山県 2019年春季大会 平成31年度春季和歌山県大会】
第879回 智辯和歌山、市立和歌山の2強に割って入る台風の目は?春季和歌山県大会の展望を考察!【大会展望・総括コラム】
第849回 センバツ出場・富岡西に迫るのはどこだ?波乱が巻き起こりそうな春季大会!【大会展望・総括コラム】
生光学園vs鳴門渦潮【徳島県 2018年夏の大会 第100回選手権徳島大会】
鳴門渦潮vs徳島商【徳島県 2018年夏の大会 第100回選手権徳島大会】
池田辻vs那賀【徳島県 2018年夏の大会 第100回選手権徳島大会】
第257回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田 一也選手「常識を疑いながら鉄壁の守備を築き上げた独自の守備論」 【2015年インタビュー】
那賀 【高校別データ】
鳴門渦潮 【高校別データ】
第96回徳島大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

徳島県地域応援スポンサー

徳島県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る