2014年07月13日 徳島県鳴門総合運動公園野球場(オロナミンC球場)

富岡西vs城ノ内

2014年夏の大会 第96回選手権徳島大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

富岡西、「試合のツボ」抑え2回戦進出!

 選手個々の実力を比較すれば点差ほどの開きはなかった。
特に城ノ内先発・多田 湧也(3年・投手・右投右打・181センチ83キロ・石井町立高浦中出身)が要所で投ずるストレートの迫力は、強豪校と伍しても決してひけを取らないもの。種々の事情はあるだろうが、彼にはもっと野球を探究して上のレベルを志してもらいたい。

ただ、今年6月の県総体南部ブロック大会でも那賀小松島小松島西を下し優勝。県ベスト8以上の実力を堅持している富岡西は「試合のツボ」を心得ていた。

たとえば本来、シュートなど多彩な変化球で打たせて取るタイプである先発の浮橋 遼平(3年・投手・右投右打・176センチ75キロ・阿南市立第一中出身は)パワーを全面に押し立て初回2奪三振。その裏1番・庄野 恭平(3年・二塁手・右投右打・172センチ70キロ)は初回初球から鋭くスイングしレフト線へ二塁打。いずれも夏緒戦となるチームメイトの緊張を解き放ち、勢いをもたらすには最高の過程、かつ結果である。

終わってみれば7回コールドで快勝した富岡西。中軸が12打席で2四球・1安打・1犠打にもかかわらず9本の単打を4盗塁で長打に変えた積極性が継続できれば、3年ぶりの夏ベスト8、20年ぶりのベスト4も視野に入ってきそうだ。

(文=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
名西vs富岡西【徳島県 2020年秋の大会 徳島県秋季大会】
徳島科学技術vs城ノ内【徳島県 2020年夏の大会 徳島県高等学校優勝野球大会】
夏のシード権獲得へ前進するのは?注目校を徹底紹介!【徳島県大会展望】 【ニュース - コラム】
第1004回 第1シード・徳島北を追いかける城東ら実力校!鳴門、鳴門渦潮の強豪校にも注目!【徳島県大会展望】【大会展望・総括コラム】
徳島県高校野球3大ニュース!徳島野球史12年ぶりの快挙が!? 【ニュース - コラム】
第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動【徳島の高校野球】
第1回 選抜優勝校に、初出場の新鋭!2019年の愛知を彩った高校野球3大ニュース【愛知の高校野球】
池田vs富岡西【徳島県 2019年秋の大会 徳島県秋季大会】
第934回 第1シード・富岡西、悲願の夏初甲子園か? 徳島商、徳島北、池田らが激しく迫る【徳島大会展望】【大会展望・総括コラム】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第900回 【春季四国大会総括】夏の準備は、できているか?【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs富岡西【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
富岡西vs高松商【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
城ノ内 【高校別データ】
富岡西 【高校別データ】
第96回徳島大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

徳島県地域応援スポンサー

徳島県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る