2014年03月27日 徳島県鳴門総合運動公園野球場(オロナミンC球場)

穴吹vs川島

2014年春の大会 第67回徳島県高等学校野球春季大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

穴吹、池田からの学びを活かして川島を破る!

 

9回表二死一・三塁から2点二塁打の穴吹4番・平岡 拓巳捕手(2年)

「あの試合で『積極的に振る』ことの大切さを学ばせてもらいました」

 試合後、2つ目のウイニングボールを手に笑顔の穴吹・井上 力監督は、まず9回二死一・三塁からに3番・上田 優志(3年)がセカンド横を抜いた勝ち越し打、続く平岡 拓巳捕手(2年)が「積極的に打つことを心がけて」左中間を破った2点二塁打がいずれも初球だった理由について言及した。

「あの試合」とは、3月12日午後に井上監督にとって母校である(井上監督は1986年センバツ優勝時の中堅手)センバツ出場の池田との間で行なわれた練習試合を指す。この試合で穴吹名西 宥人(3年)から7回で6安打、渡邉 剛志(3年)からも1安打を放つも0対8で完敗。好機で全てファーストストライクを捕えきれない「積極性」の欠如がその一因だった。

 その直後、ミーティングでその部分を修正して臨んだ穴吹。「エラーが全て点に絡んでしまった」(北谷 雄一監督)川島に不用意な点はあったとはいえ、昨春昨夏県大会準優勝の強豪に対し、小さな穴を大量得点につなげた集中力と、同点2ランを放った直後の相手左腕・安丸 友耶(3年)を再び攻略した9回の3点は大いに讃えられるべきだろう。

 先日、板野特別支援学校への異動が決定し、日体大卒業後、中学教師を経て勝浦からスタート。徳島商で5年間・穴吹で4年間続いた高校野球監督生活から今大会限りでひとまず離れる井上監督。「『それは頭に入れるな』と選手たちには言ってあります」と指揮官はセンチメンタルな感情を排除した後、こう付け加えた。

「今、選手たちは最高の野球をしている。この感覚は徳島商で監督をしていた以来です」

(文=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
夏のシード権獲得へ前進するのは?注目校を徹底紹介!【徳島県大会展望】 【ニュース - コラム】
第1004回 第1シード・徳島北を追いかける城東ら実力校!鳴門、鳴門渦潮の強豪校にも注目!【徳島県大会展望】【大会展望・総括コラム】
鳴門、鳴門渦潮など甲子園常連校がノーシード!徳島の春季大会の組み合わせが決定! 【ニュース - 高校野球関連】
第60回 選手11人・部員15人で秋季四国大会に出場 川島(徳島)の「ONE TEAM」【四国発】
第982回 令和元年秋の四国王者決定戦 混戦に断を打つのはどの学校か?【秋季四国大会・前編】【大会展望・総括コラム】
第934回 第1シード・富岡西、悲願の夏初甲子園か? 徳島商、徳島北、池田らが激しく迫る【徳島大会展望】【大会展望・総括コラム】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第849回 センバツ出場・富岡西に迫るのはどこだ?波乱が巻き起こりそうな春季大会!【大会展望・総括コラム】
松山聖陵vs川島【2018年秋の大会 第71回秋季四国地区高等学校野球大会】
池田vs川島【徳島県 2018年夏の大会 第100回選手権徳島大会】
川島vs徳島北【徳島県 2017年夏の大会 第99回選手権徳島大会】
川島vs徳島北【徳島県 2017年夏の大会 第99回選手権徳島大会】
徳島北vs川島【徳島県 2016年秋の大会 徳島県大会】
穴吹 【高校別データ】
川島 【高校別データ】
春季徳島県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

徳島県地域応援スポンサー

徳島県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る