春の雪辱

決勝カードは今年の春季大会の決勝戦と同じ作新学院宇都宮工宇都宮工は昭和61年以来、優勝から遠ざかっている。昨夏の覇者・作新学院か、今春の覇者・宇都宮工か。栃木県65チームの頂点を懸けた試合が始まった。

先発は作新学院筒井 茂(3年)、宇都宮工尾島 孝秋(3年)と背番号「10」をつけた投手の登板。
作新学院は2回表に山下 勇斗(2年)の中前打で出塁すると、続く高嶋翔馬(3年)が送りバントで一死二塁とする。その後、捕手の悪送球で山下が三塁へ進み、作新が得点圏へとランナーを進める。しかしその後のバッターが続かず、作新学院はチャンスをいかすことが出来なかった。
続く3回表、尾島が鶴田剛也(3年)に四球を与えたところで宇都宮工は、投手をエース・星にスイッチ。しかし、星の制球が定まらず、篠原 優太(3年)がレフト前ヒットで出塁。直後、牽制球がそれるエラーで進塁し、再び作新学院が得点圏にランナーを進める。
続く吉田紘大(3年)に死球を与え、二死満塁と宇都宮工はピンチを迎える。しかし、星は緩急つけたピッチングで後続を抑え、ピンチをしのいだ。

 試合の流れを掴みたい宇都宮工は5回裏、小磯周平(2年)が三塁打を放ち勢いをつける。この試合、初めて宇都宮工が得点圏へランナーを進めると、続く篠原悠人(3年)のセンター前ヒットで小磯が生還、作新学院から1点を先制した。

しかし直後の6回表、「打」の作新学院が反撃に出る。吉田、山下がセンター前ヒットで一、二塁と出塁、続く高嶋が送りバントで一死二、三塁とする。ここで代打で登板した羽石裕紀(3年)がショートの頭上を越える三塁打を放ち、その間に2点を返し、宇都宮工を逆転した。7回表にも吉田が左方向へ大きく抜ける3三塁打を放ち、死球で出塁していた鶴田を生還させ、3対1と「つなぐ野球」で宇都宮工に差を付ける。

 何とか追加点を入れたい宇都宮工だったが、筒井と6回に登板した水沼 和希(3年)を攻略することが出来ない。
 そのまま試合は動かず、ゲームセット。作新学院が「投」「打」ともに選手層の幅を見せつけ、2年連続の甲子園への切符を掴んだ。

(文=編集部)