2012年07月29日 栃木県総合運動公園野球場

作新学院vs宇都宮工

2012年夏の大会 第94回選手権栃木大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

春の雪辱

決勝カードは今年の春季大会の決勝戦と同じ作新学院宇都宮工宇都宮工は昭和61年以来、優勝から遠ざかっている。昨夏の覇者・作新学院か、今春の覇者・宇都宮工か。栃木県65チームの頂点を懸けた試合が始まった。

先発は作新学院筒井 茂(3年)、宇都宮工尾島 孝秋(3年)と背番号「10」をつけた投手の登板。
作新学院は2回表に山下 勇斗(2年)の中前打で出塁すると、続く高嶋翔馬(3年)が送りバントで一死二塁とする。その後、捕手の悪送球で山下が三塁へ進み、作新が得点圏へとランナーを進める。しかしその後のバッターが続かず、作新学院はチャンスをいかすことが出来なかった。
続く3回表、尾島が鶴田剛也(3年)に四球を与えたところで宇都宮工は、投手をエース・星にスイッチ。しかし、星の制球が定まらず、篠原 優太(3年)がレフト前ヒットで出塁。直後、牽制球がそれるエラーで進塁し、再び作新学院が得点圏にランナーを進める。
続く吉田紘大(3年)に死球を与え、二死満塁と宇都宮工はピンチを迎える。しかし、星は緩急つけたピッチングで後続を抑え、ピンチをしのいだ。

 試合の流れを掴みたい宇都宮工は5回裏、小磯周平(2年)が三塁打を放ち勢いをつける。この試合、初めて宇都宮工が得点圏へランナーを進めると、続く篠原悠人(3年)のセンター前ヒットで小磯が生還、作新学院から1点を先制した。

しかし直後の6回表、「打」の作新学院が反撃に出る。吉田、山下がセンター前ヒットで一、二塁と出塁、続く高嶋が送りバントで一死二、三塁とする。ここで代打で登板した羽石裕紀(3年)がショートの頭上を越える三塁打を放ち、その間に2点を返し、宇都宮工を逆転した。7回表にも吉田が左方向へ大きく抜ける3三塁打を放ち、死球で出塁していた鶴田を生還させ、3対1と「つなぐ野球」で宇都宮工に差を付ける。

 何とか追加点を入れたい宇都宮工だったが、筒井と6回に登板した水沼 和希(3年)を攻略することが出来ない。
 そのまま試合は動かず、ゲームセット。作新学院が「投」「打」ともに選手層の幅を見せつけ、2年連続の甲子園への切符を掴んだ。

(文=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
強豪校の吹奏楽部が奏でるアフリカンシンフォニー! 【ニュース - その他】
「ストップ・ザ・作新」に燃える佐野日大が目指す夏の姿とは?!【後編】 【ニュース - コラム】
第572回 「ストップ・ザ・作新」に向けた佐野日大のマインドセットに迫る【後編】【野球部訪問】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第7回 漢字表記のユニフォームを紹介!上田西は独特のデザインで強烈なインパクトを残す!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第816回 危機感を乗り越え史上初の2度目の春夏連覇!!大阪桐蔭の1年間を試合レポートで振り返る!【後編】【大会展望・総括コラム】
前橋育英vs作新学院【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
第800回 秋の関東も激戦!秋季関東大会2018 出場15校逸材ガイドブック!【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs作新学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
作新学院vs白鷗大足利【栃木県 2018年夏の大会 第100回選手権栃木大会】
習志野vs作新学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
作新学院vs鹿屋中央【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第435回 作新学院高等学校 今井達也選手 「我慢強さが呼び込んだアジア制覇!」  【2016年インタビュー】
第432回 作新学院高等学校 入江大生選手 「甲子園で魅せた豪打再び!」  【2016年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
宇都宮工 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
第94回群馬大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

栃木県地域応援スポンサー

栃木県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る