宇都宮工ナイン

宇工打線爆発 5回コールドで3回戦進出

県内公立校の雄、甲子園準優勝の歴史を持つ宇都宮工、2009年の鹿沼農粟野の統合により誕生し、単独チームとしては初出場・部員18人の鹿沼南の一戦がこの日行われた。

試合は開始序盤から大きく動く。
1回裏、一死の場面で2番・赤木がセンターへ大きく抜ける二塁打を放つと、5番・平野の三塁打で赤木と四死球で出塁した4番・塚原が生還する。四死球で出塁した6番・岩崎が盗塁を決め2塁へ進み、7番・篠原のライト前ヒットで平野と岩崎が追加点を挙げ、宇都宮工はこの回だけで4点を挙げて鹿沼南を大きく突き放す。

3回裏にも宇都宮工打線が爆発した。4番・塚原が初回から四死球で1塁へ進み、再び平野がセンター前ヒットで3塁、1塁とチャンスを広げる。制球が定まらない芳賀は、続く岩崎にも四死球を許しノーアウト満塁のピンチを迎える。そして次打者の篠原にセンター前ヒットを打たれ、2点の追加点で鹿沼南を再び突き放した。

さらに代打出場の高村にも四死球で出塁を許し、泥沼にはまったエース芳賀は、ここでマウンドを1年生ピッチャーの宮崎へと託す。だが、鹿沼南は以前ピンチを脱しきれず、続く代打・河内、1番・和田のセンター前ヒットで4点を追加。この回だけで6点を奪われる苦しい展開になった。

何とか1点を追加したい鹿沼南だったが、星、関の緩急を使った細かいボールに対応しきれずベースが遠く、三者凡退が続いた。
その後4回裏、宇都宮工は河野のセンター前ヒットでダメ押しの1点を追加と試合の主導権を譲らず、5回表終了後、11対0のコールドゲームが成立。宇都宮工が3回戦へと駒を進めた。

 100人以上の部員が在籍し互いにしのぎを削り、一昨年は栃木県大会準優勝という結果を残すも、ここ数年は甲子園への切符が遠のいている宇都宮工
「古豪復活へ」―彼らの勝負はまだ始まったばかりだ。

(文=編集部)