静岡が中盤に得点を重ねて、好調常葉大橘を突き放し4強進出



3安打1失点で完投した静岡・法月君

<春季静岡県大会:静岡3-1常葉大橘>◇5日◇準々決勝◇静岡草薙

 戦力的には、やはり充実しており、今大会でも優勝候補の一角に挙げられている静岡。昨夏の甲子園出場校でもあり、昨秋も3位校として東海地区大会にも出場を果たしている。エース吉田 優飛投手(3年)は全国的にも注目されている投手である。もっとも、この日は、吉田もベストではないということで、夏を見据えてということもあり他の投手を育てていく意味も含めて法月 彰弘投手(3年)の先発となった。吉田は、4番右翼での出場となった。

 常葉大橘は、中部地区予選では静岡学園島田に快勝し、県大会でも沼津商三島北に危なげなく打ち勝ってきており、チームとしては好調だといっていいであろう。

 試合は、投手戦の様相で進んでいった。静岡は法月、常葉大橘は望月琉要投手(3年)がともに、丁寧な投球で、4回まで0に抑えていく。まずは、どちらかが均衡を破って試合を動かしていくのかという展開になった。常葉大橘はここまで、2四球は選んだものの無安打だった。静岡も2回以降毎回安打は出るものの、単発だった。

 しかし5回、静岡が均衡を破る。
 この回、先頭の7番山根 想外野手(3年)が一、二塁間を破って、この日2本目の安打を放つ。バントで進んで2死二塁となってから、1番山本 和輝内野手(3年)が右翼線に落とす二塁打でかえした。静岡としては、貴重な先制点ということになった。その裏も、法月は常葉大橘打線を3人で抑える。静岡の最少リードのまま試合は後半に突入していった。

 6回にも静岡は3番からの好打順で、袴田 航旭内野手(3年)と吉田が連続安打。バントで1死二、三塁として、四球で満塁となったところで、山根が三遊間を破る適時打。山根は3本目の安打で2得点に絡んでいるということになった。

 その裏に、常葉大橘は9番佐野 陽空内野手(3年)がチーム初安打を放ったものの、塁を進めることはできなかった。そして、常葉大橘の片平恭平監督は7回からは2人目として、山内 照投手(2年)をマウンドに送り出し、望月は右翼に回った。
 勢いづいている静岡は、代わった山内に対しても法月と2番山岸 廉尊内野手(3年)の安打などで2死一、二塁として、この日は打撃に専念している4番吉田が左前へ適時打して3点目。じわりじわりとリードを広げていく。

 何とか反撃していきたい常葉大橘は、7回1死から四球と5番望月の中前打で一、三塁。6番花房 巧基捕手(2年)の強い一塁ゴロの間に三塁走者がかえって一矢を報いたもののそこまでだった。結局、静岡の法月を最後まで気持ちよく投げさせてしまい攻略しきれなかった。法月は3安打1失点、与四球3で完投した。

 静岡の池田新之介監督は、「まずは、法月がよく投げたということです。調子もよかったんでしょう。先を見ないで、1イニングずつ重ねて行けるところまで行ってというつもりだったんですが、自分の持ち味を出せたんだと思います」と、法月の投球を評価していた。スピードよりは、むしろ指のかかり具合を意識して、切れのいい球を投げていくことを心掛けていたという。

 もっとも、12安打3点という攻撃に関しては、「う~ん、監督が下手なんですかねぇ(苦笑)。まあ、いろいろ試したいというところもあったんですが。それでも、7番に使った山根がいいところで打ったり、ここというところで山本が先制タイムリーを放ってくれましたから。試合の展開としては、あれは大きかった」と振り返っていた。

 常葉大橘の片平監督は、「ここからの壁が、やはり厳しい。今までは打てていても、上に行って投手の質がちょっと良くなってくると、こうして打てないということですね。このあたりのパワーアップ、振り込みで力をつけていくということをやって行かないと、夏は勝ち上がっていくのは、厳しくなっていくと思います」と課題を見つけていた。そして、「4月は1回しか練習試合ができなかったし、公式戦が実戦練習みたいな感じになっていたので、もう一つ二つ、勝って行きたかった」と、残念がっていた。

(取材=手束 仁

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。