この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

気持ちの入った投球で静岡、期待の吉田雄飛投手が好投



最後まで気持ちが入っていた静岡・吉田雄飛君

 この夏は甲子園出場を果たした静岡。池田新之介監督としても、島田商から異動してきてすぐのチームで甲子園出場を果たしたことで、まずは伝統の母校を背負う責任を果たしたといえようか。そして、今秋の新チーム。いよいよ、ここからその手腕が期待されるところでもある。

 とは言え、その後もコロナ禍ということで、ほとんど対外試合も出来ない状態は続いていた。「ぶっつけ本番に近い状態で大会に入りました。だから、公式戦をやっていきながら、選手たちに期待するしかない状態」というのも本音のようだ。

 対する加藤学園は、中止となった昨年の春のセンバツ出場を果たして、昨夏は交流試合で初めて甲子園で戦っている。近年は著しく躍進をしてきており、その力も安定している。それだけに、大会前半の一つのヤマともいえる試合として期待も高かった。

 加藤学園は、静岡の先発吉田雄飛君に対して、先頭の太田侑希君が中前打すると、エンドランで内野ゴロでも二進して、二死三塁となってから、ちょっと硬かった相手内野手の失策を突いて先制。加藤学園としては、悪くない形での先取点でもあり、ある程度は主導権を取っていけるのかという感じの試合の入りでもあった。

 ところが、やはり静岡は勝負強かった。2回にすぐに追いつき、ひっくり返す。
 この回は四球とバントなどで二死二塁として、この日抜擢した9番の知念君が右線へ二塁打してこれで二塁走者を帰して同点。さらに四球後、2番猪股君も右前打して二塁走者を帰して逆転した。

 リードされても、慌てることなくすぐに取り返していくあたり、やはりこの秋の新チームも静岡は強いぞと思わせるに十分だった。

 その後、いくらか試合は膠着していく。こうなってくると、次のアクションというか、次の1点が大きく試合の行方を左右していくのではないかと思われるところである。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています