好機に一本が出た島田商が、新木投手の好投で加藤学園を振り切る

 昨年は、センバツ大会出場を決めて、初めての甲子園出場を果たしたのだが、新型コロナによって大会中止で悲願の甲子園での戦いが出来なかった加藤学園。しかし、その後の夏に開催された甲子園交流試合に出場し、公式ではないものの、鹿児島城西を下して甲子園初勝利を果たした。静岡県では近年躍進著しい新鋭校である。今年のチームについては、米山学監督は、「去年のような投手の柱という存在がいませんから、どうしても継投ということになります。それを、経験値のある雨宮がどうリードしていかれるのか」というところをポイントとしていた。

 対する島田商は、中学3年の時の夏に静岡大会準優勝を果たしたのを見て入学してきた選手たちが最終学年を迎えている。地元の中学から進学してきた彼らが中心になって、チームとしても充実してきている。ところが、県の教員の異動に伴い、昨年までチームを見ていた池田新之介監督が静岡へ異動となった。それを受け、浜名から異動してきた横山崇監督が今春からチームを指揮することとなっている。そして、春季大会では中部地区を2位で勝ち上がって県大会進出を果たした。県大会は初戦で敗れはしたもののエースの新木も注目されて自信を得ている。

 そんな両校の対戦は、攻守に充実感を得て挑む島田商と、繋いで得点をしながら、投手陣も継投で戦う加藤学園。どんな戦いになるのか期待された。

 4回まで0対0の均衡が続く試合。島田商は新木が4回の先頭水田に許した安打1本のみに抑えていた。加藤学園の樋口も安打は許しつつも、併殺で切り抜けるなど上手に打たせて取っていた。

 そして迎えた5回、島田商は一死後8番新木が左中間へ二塁打。さらに中山が三遊間を破って続き一、三塁。両チームを通じて、この試合で初めて三塁へ走者が進んだ。

 ここで加藤学園米山監督は、すぐに継投策。樋口が一塁に回り、代わって白岩がマウンドに立った。その初球、杉﨑は狙いすましたスクイズで三塁走者を迎え入れた。まずは、島田商がワンチャンスを生かしての先制点を挙げた。

 この1点が重くなっていかないうちに何とか追いつきたい加藤学園。6回は先頭の8番吉田が右前打で出るとバントで進み、1番水田は遊撃内野安打で一、三塁。加藤学園としても、この試合で初めて三塁へ走者を進めた。この好機に、2番太田 圭哉が左翼へ飛球を打ち上げて犠飛となり同点。試合を振り出しに戻した。

 こうして試合は動き出したのだが、7回の島田商は四球の中山を内野ゴロで二塁へ進めて二死二塁の場面で2番太田 光夢が右越え二塁打でかえす。さらに、3番の太田 拓夢も右前打して、二塁から太田 光夢を迎え入れてこの回2点で加藤学園を突き放した。

 そして、新木は最後まで自分の投球を崩すことなく9回を投げ切った。打たれた安打は5本。与えた四球は2つ。三振こそ5つだったものの、好投だった。

 横山監督は試合後、「元々のゲームプランとしては、5点前後をイメージしていました。ただ、お互いの先発投手があまりにもよかったんで、3回が終わって0対0のままだった時にゲームプランを修正。2~3点のロースコアになるぞということで、1点を取りに行くことを考えましたが、その通りになっていきました。新木に関しては、95点……99点やってもいいくらいですかね。本当によく投げました」と、試合の読みが当たったこともさることながら、新木投手の好投を称えていた。

(取材=手束 仁