2019年07月24日 静岡県草薙総合運動場硬式野球場 (静岡草薙球場)

駿河総合vs三島南

2019年夏の大会 第101回選手権静岡大会 4回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

駿河総合ベスト8進出「未知の体験」へ、気を引き締め直す

 夏の静岡大会は2年連続で初戦敗退も、今年の夏は注目校の一つに挙げられている駿河総合。と言うのも、先のU―18の代表候補合宿のメンバーとして選ばれていた紅林 弘太郎君がいるからである。また、それだけではなく、今年のチームはある程度チーム力はあると目されている。実際、3回戦ではシード校の四隅の一角でもあった常葉大橘に4対3と競り勝っていた。

 駿河総合は初回、一死三塁で3番紅林君がやや幸運な感もあった中越三塁打で帰して先制。さらに失策もあってこの回2点。3回も、4番渡邉光君と5番坂口君の中前、左前へのタイムリー打が相次いでさらに2点。4回も安本君の右線三塁打や渡邉光君のタイムリーでさらに2点。5回にも2点を追加して駿河総合はここまで、ほぼワンサイド気味に試合を進めていた。

 ところがわからないもので、ここまで無安打でもあった三島南だったが、その裏に初安打が出ると3連打で満塁として、押し出しに、3番植松君のタイムリー打、さらに内野ゴロの間にも1点を加えて3点。6回の四球の大谷君をバントで進めると前の回にチーム初安打した8番谷口君が右中間二塁打してさらに1点を返して追い上げる。

 7回には駿河総合が安本君が右越ソロホーマーを放って、突き放しにかかるものの、その裏三島南は岩井君の犠飛と、7番丸山君の2点二塁打でさらに追い上げる。こうして、試合そのものがどう転んでいくのか、予測がつかない形になっていく。試合時間も、いつの間にやら、2時間半を超えて、ようやく8回ということになった。

 こうなってくると、何が起きるかもわからない展開ということになってくるのだが、もう一度リードを広げたい駿河総合は渡邉光君の中前打などでチャンスを作りかけるものの後続がなかった。しかし、三島南の反撃も3人目のリリーフ村松君と、最後を締めた1番をつけた渡邉光君が何とか踏ん張って、結局中盤以降の乱戦を何とか駿河総合が制した。

 試合時間、3時間5分。高校野球の9回までの試合としては長い試合になった。駿河総合の望月俊治監督は、「夏の大会ですから、勝つということは大事ですけれども、今日は、内容が悪すぎた。8対0から、こういうことになってしまったのは、投手が先頭に四球を出したり、大事なところでミスが出たりということですからね。最後は、使いたくなかったけれども(エースの)渡邉光を使わざるを得なかった。結局、渡邊様々でした」と、やや苦い表情。それでも、チームとしては初めてのベスト8に進出したということで、「これからはまた未知の世界」と引き締め直していた。

(文=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
静岡高校が7回裏に逆転!駿河総合を下し、4年ぶりの甲子園!! 【ニュース - 高校野球関連】
夏制覇へ 駿河総合(静岡)の課題【後編】 【ニュース - コラム】
第629回 静岡に新たな風を吹かせる!バッテリーを軸に一戦必勝で戦い抜く! 駿河総合(静岡)【後編】【野球部訪問】
第629回 総合学科の学校として新しい形の文武両道に挑む 駿河総合(静岡)【前編】【野球部訪問】
第993回 高校代表合宿に参加して感じたトップ選手との差。高卒プロへ向けての課題  紅林弘太郎(駿河総合)【後編】 【2019年インタビュー】
第989回 静岡の公立校から生まれたU-18日本代表候補 紅林弘太郎(駿河総合)の歩み【前編】 【2019年インタビュー】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第932回 静岡商や浜松商の古豪復活か、それとも加藤学園など新勢力台頭か?!令和最初の静岡大会は混迷極める【静岡大会展望】【大会展望・総括コラム】
第203回 木製バットを握った野手陣の実力は?強肩捕手、逸材遊撃手たちを考察!【前編】【ドラフト特集コラム】
駿河総合 【高校別データ】
三島南 【高校別データ】
第101回 全国高等学校野球選手権 静岡大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

駿河総合行け~!華まるもん 2019.07.27
初のベスト4進出!
駿河総合らしい野球でチーム一丸となって頑張って下さい!
応援してます。

応援メッセージを投稿する

静岡県地域応援スポンサー

静岡県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る