2018年07月22日 静岡県草薙総合運動場硬式野球場 (静岡草薙球場)

飛龍vs静岡

2018年夏の大会 第100回選手権静岡大会 4回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

飛龍が中盤に逆転して優勝候補筆頭の静岡を粉砕

 

 3年前の第97回静岡大会の決勝カードの再現だ。ちなみにその年は5対1で静岡が勝って24回目の甲子園出場を決めている。そして、今大会も静岡は優勝候補の筆頭とされており、大会そのものも静岡を中心として展開されていくだろうというのが大方の見方である。

 

 その静岡に挑む形となった飛龍。昨秋の大会で判定を巡る抗議があって以降、監督交代などスタッフの動きもあって、チームとしても何となく安定しない状態が続いていようだ。そんな中でも、ここまで勝ち上がっているが、この大会は若い小林能知監督代行が務めている。

 

 先制したのは飛龍で初回に四球の走者を3番五十嵐の二塁打で帰す。しかし、静岡は2回に投手草薙自らの二塁打ですぐに同点とする。そして3回も四球の走者を置いて4番成瀬が左越二塁打で帰してリードを奪う。さらに4回には1番木下、2番黒岩の連続三塁打などで3点。リードを広げていき、展開としてはコールドゲームもあり得るぞという雰囲気にもなってきていた。

 

 静岡ベンチは5回の攻撃で代打を送った関係で6回から2番手佐野がマウンドに立った。左頃が、その代わり端に五十嵐が自身2本目の二塁打を中越に放つと、4番深谷の右前打で生還。さらに三浦ジェスヨロボ、山口と連打が続き無死満塁。7番齋藤和希、8番角田が相次いで犠飛を放って2点差まで追い上げた。点差もあったということで、飛龍としては打っていくしかない場面だったのだが、そこで各自が一つひとつの仕事をこなしていった。こうしてコツコツと1点ずつ返していったことが、その後の逆転の引き金となっていった。

 

 さらには、飛龍のマウンドは5回二死満塁の場面からリリーフした背番号4の岡田 周人が小気味のいい投球でこらえていた。6回、7回を3人ずつで抑えていった飛龍は、いつの間にか試合の流れを自分たちの方へ呼び込んでいた。

 

 7回に静岡のエースナンバーをつけた3人目鈴木翔也を攻めて1点差とした飛龍が8回、ついに試合をひっくり返す。

 

 この回一死から飛龍は8番角田が左越二塁打すると、9番に入っていた岡田が左前打で続きファンブルする間に二塁走者は生還して同点。さらに松永の安打と四球で満塁とすると、二死となってから4番深谷が左前へはじき返して2者が帰ってこれが逆転タイムリー打となった。

 

 静岡としては、投手交代や5点リードしてからの追加点の奪い方など、反省点もあるであろう。また、この大会でも絶対的本命としてゆるぎないと言われていただけに、先を見据えた戦いもあったとは思う。それに、連日のこの暑さである。極力投手の負担を少なくしていきたいというのは、指揮官としても当然考えることであろう。

 

 それに、前半の試合の流れを見ていたら、やはり飛龍のこの逆転劇をイメージすることの方が難しいというのも正直なところであろう。しかし、何が起こるのかわからないのも高校野球だ。そんなことを再認識させられた試合でもあった。

  
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第932回 静岡商や浜松商の古豪復活か、それとも加藤学園など新勢力台頭か?!令和最初の静岡大会は混迷極める【静岡大会展望】【大会展望・総括コラム】
7大校歌に隠されたある共通点!高校野球に欠かせない「校歌」について語る! 【ニュース - コラム】
第8回 高校野球に欠かせない一つの要素「校歌」について手束仁が語る!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
昨秋王者が地区大会4位の波乱!春季静岡県大会の展望を紹介 【ニュース - コラム】
第885回 静岡商や常葉大菊川、加藤学園などを中心に優勝争い!伝統校、新鋭校が入り混じり混戦か?【大会展望・総括コラム】
第199回 攻守の活躍に注目!最新版・2019年の注目野手一覧!【ドラフト特集コラム】
第844回 春の静岡の頂点に立ち夏へと加速していくチームはどこだ?【大会展望・総括コラム】
第862回 東海地区屈指のスラッガー・石川昂弥(東邦)が目指すのは「甲子園」と「世界」での活躍! 【2019年インタビュー】
中京大中京vs静岡【2018年秋の大会 第71回秋季東海地区高等学校野球大会】
静岡vs加藤学園【静岡県 2018年秋の大会 秋季東海地区高校野球静岡県大会】
東海大静岡翔洋vs誉【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
東邦vs静岡【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
いなべ総合vs東海大静岡翔洋【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
第426回 県立静岡高等学校  鈴木将平選手 「18選手の中で最も名を上げるかもしれない逸材」  【2016年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
静岡 【高校別データ】
飛龍 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 静岡大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

飛龍甲子園だ!ナンクル魂 2018.07.23
岩崎前後監督が辞任してチームが一つになった。父母会もひとつになった。甲子園まで突き進め!
飛龍2015の雪辱をなななつな 2018.07.21
2015年決勝のリベンジを果たし静岡に勝ってください!

応援メッセージを投稿する

静岡県地域応援スポンサー

静岡県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る