近江兄弟社が前半のリードを守り切る



最後の打者を打ち取って喜ぶ山田祿(近江兄弟社)

<春季近畿地区高校野球 滋賀県大会:近江兄弟社5-3光泉カトリック>◇30日◇3回戦◇湖東スタジアム

 近江兄弟社光泉カトリックを下して8強入りを決めた。

 近江兄弟社は1回表、2死一、三塁から5番・松枝拓武(3年)が投手強襲の適時打を放ち、先制点を挙げる。対する光泉カトリックもその裏、2死二塁から4番・深田龍太郎(3年)の左前適時打で同点とした。

 互角の立ち上がりとなったが、光泉カトリック先発の井上陽登(3年)の制球が定まらず、近江兄弟社は3回表に連続四球で無死一、三塁のチャンスを作る。ここで4番・岩井昂舞(3年)が右前適時打を放ち、勝ち越しに成功。さらに無死一、三塁から続く松枝拓の中前適時打で1点を追加する。その後、1死満塁となり、光泉カトリックは投手を一浦孝騎(3年)に交代。これ以上点を与えると厳しい場面での登板となったが、三塁ゴロホームゲッツーと最高の形でピンチを乗り切った。

 しかし、流れはまだ近江兄弟社にあった。4回表に相手のバッテリーミス、5回表に6番・生駒朋那(3年)の右中間を破る適時三塁打で1点ずつ加え、このまま一方的な試合になるかと思われた。

 しかし、一浦が6回以降を無安打に抑えて流れを呼びこむと、6回裏に1死三塁から深田龍の左犠飛で1点を返す。近江兄弟社は山田祿(2年)が6回2失点と先発の役割を果たすと、和田彬(3年)、前田裕太(3年)と投手を繋ぎ、光泉カトリックの反撃に耐え抜く。

 3点を追う光泉カトリックは9回裏、1死満塁のチャンスを作ると、近江兄弟社は一塁に回っていた山田を再びマウンドに送る。山田は暴投で1点を与え、その後も四球で満塁と一打同点のピンチを招いたが、二飛と左飛で切り抜け、なんとかリードを守り切った。

 光泉カトリックの反撃を振り切った近江兄弟社は準々決勝進出。次戦はセンバツ準優勝校の近江と対戦する。強敵を打ち砕き、夏のシード権を獲得することができるだろうか。

(取材=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。