彦根翔西館が石部に快勝!次戦は実力校・滋賀学園



彦根翔西館先発の楠居大輝

<春季近畿地区高校野球 滋賀県大会:彦根翔西館10-3石部>◇17日◇2回戦◇オセアンBCスタジアム彦根

 昨夏4強の彦根翔西館が快勝で3回戦進出を決めた。

 彦根翔西館は1回表、1番・青木亮輔(2年)が出塁すると、続く2番・宮路晃(3年)の右前適時打で先制点を挙げる。さらに1死二、三塁から5番・田中酪(3年)の中犠飛で1点を加え、初回から2点を奪った。

 彦根翔西館はその後も着実に追加点を奪い、4回を終えて5対0と試合の主導権を握る。反撃したい石部は5回裏、無死満塁のチャンスを作ると、2番・武村璃空(3年)の内野ゴロの間に1点を返す。6回表には2点を失ったが、その裏に4番・茂田勘太(3年)の左前適時打と途中出場の7番・尾曲理公(2年)のスクイズで2点を返し、再び4点差とした。

 昨夏に8年ぶりの単独出場を果たした石部は少人数ながら最後まで食らいつき、9回まで持ち込んだ。終盤に点差を開かれてしまったが、四死球や失策で崩れることはなく、自分たちの力を出しきれたのではないだろうか。

 彦根翔西館は中盤に反撃されるも流れを手放すことはなく、しっかりと勝ち切った。次戦は強豪の滋賀学園との対戦だが、勝ち切ることはできるだろうか。

(取材=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。