滋賀学園のスラッガー遊撃手にスカウト集結!無安打も強肩でアピール



鈴木蓮(滋賀学園)

<春季近畿地区高校野球 滋賀県大会:滋賀学園4-3瀬田工>◇17日◇2回戦◇オセアンBCスタジアム彦根

 県内屈指の強豪である滋賀学園と伝統公立校の瀬田工の一戦。滋賀学園は4番遊撃手の鈴木 蓮(3年)がプロから注目されており、この日も複数球団のスカウトが視察に訪れていた。一方の瀬田工はスタメンに2年生が8人、名を連ねる若いメンバー構成となった。

 滋賀学園先発の服部 弘太郎(3年)は常時140キロ前後の速球を投げる本格派右腕で、この日の最速は141キロ。スプリットなども上手く使いながら、3回まで無安打投球を見せる。

 対する瀬田工先発の吉田翔湧(2年)も細身ながら最速135キロを投げ、将来性を感じさせる投手だ。変化球を上手く打たせながら、バックもよく守り、好ゲームに持ち込む。

 試合が動いたのは3回表、1死二塁から2番・藤田英志(3年)の中前適時打で滋賀学園が1点を先制。さらに4回表には1死二、三塁から8番・服部がスクイズを決めて追加点を挙げる。

 このまま主導権を握りたい滋賀学園だが、流れをつかみきれない。4回裏に1死三塁から失策で1点を失う。6回表には内野ゴロと9番・髙野純太(3年)の適時内野安打で2点を加えるが、その裏に1死二、三塁から4番・平田大樹(2年)の左前適時打とレフトのファンブルの間に二者が生還し、再び1点差とされる。

 滋賀学園は攻撃の中心である鈴木が4打数無安打に抑えられ、守備も4失策と乱れたが、服部が粘りの投球を見せて、1点リードのまま9回裏に突入する。反撃したい瀬田工は2死走者なしから代打に2年前にドラフト候補となった小辻 鷹仁(創価大)の弟である小辻薫(1年)を起用。小辻は起用に応えて中前安打を放つが、その代走で起用された井上拓人(2年)が牽制でアウトとなり、チャンスを広げることはできなかった。

 滋賀学園は苦しみながらも初戦を突破。失策やバッテリーミスが目立つ試合にはなったが、個々の能力は高く、今年も優勝候補の一角であることには間違いない。快音のなかった鈴木も遊撃守備で肩の強さやハンドリングの良さはアピールできており、今後の成長次第では今秋のドラフト指名も見えてくるだろう。

 惜しくも敗れた瀬田工は守備が非常に安定しており、若いチームとは思えない完成度の高い野球を見せていた。夏はもちろん、秋の大会が楽しみだ。

(取材=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。