打線が爆発した立命館守山が5回コールド勝ち



2安打2打点の活躍を見せた大西温太(立命館守山)

<春季近畿地区高校野球滋賀県大会:立命館守山12-2八幡工(5回コールド)>◇16日◇2回戦◇湖東スタジアム

 昨夏準優勝の立命館守山が13安打12得点の猛攻で初戦を突破した。

 立命館守山は1回裏、1死二塁から3番・白樫健太郎(3年)の左越え適時二塁打で1点を先制する。2回表に2死一、二塁から9番・中谷翠生(3年)に右越え2点適時三塁打を浴びて逆転を許すが、その裏に無死一塁から6番・岡村仁也(3年)のライトへの適時三塁打で同点に追いつくと、続く7番・辻悠太郎(2年)の中前適時打で同点に追いつく。その後も打線が繋がり、この回だけで7得点。序盤で試合の流れを決定づけた。

 立命館守山は3回裏にも2点を加えると、2死二塁から白樫が内角球を上手くさばき、右翼に2ラン本塁打を放ち、リードを10点に広げた。白樫はこの日、3打数3安打1本塁打4打点の活躍。本塁打前の2打席は逆方向に二塁打を2本放っており、広角に打てる打撃技術の高さを見せつけた。守備でも4回に盗塁を刺す場面があり、攻守で存在感を示した。

 2回表に2点を失った立命館守山先発の辻だったが、3回以降はテンポの良い投球を見せ、これ以上の得点を許さなかった。一時的に逆転を許したものの高い打撃力を発揮した立命館守山が5回コールド勝ち。3回戦進出を決めた。

 昨年は春準優勝、夏準優勝、秋4位と安定して上位に顔を出している立命館守山。白樫、大西温太(3年)、杉森宏大(3年)ら昨年からの主力が残っており、今年も上位争いに加わってきそうだ。創部7年目ながら既に準優勝3度の実績がある。今年こそは悲願の頂点に上り詰めるだろうか。

(取材=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。