彦根翔西館が7回コールドで8強入りを決める

 彦根翔西館が7回コールドで大津を破り、ベスト8進出を決めた。

「前回の良いムードをそのまま持ってくれた」(澤田慶次監督)と2回戦で7回コールド勝ちを収めた大津が序盤は試合を優位に進める。1回表に二死三塁のチャンスを作ると、4番・大路 将也(2年)の適時内野安打で1点を先制。大路が盗塁で二塁に進んだ後、5番・横井 琢人(2年)が左前適時打を放ち、追加点を挙げる。

 さらに3回表には二死満塁から6番・大澤 憧也(2年)が四球を選び、押し出しで1点を追加。ここで彦根翔西館は先発の中村 奏太(2年)に代えて、エースの駒井 飛(3年)をマウンドに送り込む。「1、2回戦は自分があまり良くないピッチングをして、後輩が助けてくれた分をしっかり返すという気持ちでマウンドに上がりました」と意気込んでいた駒井はこのピンチを三振で切り抜けた。

 これで流れが一気に彦根翔西館に傾く。3回裏に一死二、三塁から3番・諸藤 翔大(3年)の左犠飛で1点を返すと、「体勢が後ろを向いて少し悪かったので、行けると思った」と二塁走者の増田 翔人(3年)もやや浅めのフライながら、50m走が5.9秒の俊足を飛ばして、三塁を狙う。すると、遊撃手からの三塁送球が悪送球となり、増田が一気に生還。足で相手にプレッシャーをかけ、1点差に詰め寄った。

 さらに4回裏には無死三塁から6番・髙山 心結(2年)の右犠飛で同点とすると、一死二、三塁から9番・上野 大和(3年)の中前適時打で勝ち越しに成功。彦根翔西館はその後も5回裏に1番・増田がレフトスタンドに3ラン本塁打を放つなど、追加点を挙げ、7回コールドで勝利を収めた。

 彦根翔西館は7盗塁に加え、際どいタイミングでも次の塁を狙う積極的な走塁が光った。「足で勝ってきたチームなので、塁に出たら仕掛けるよということは言っていました」と伊吹克己監督は話す。1番・増田、3番・諸藤、5番・柴﨑 悠斗(3年)は50m走が5秒台の俊足で、足を使える選手が多いのが今年のチームの強みだ。

 準々決勝では優勝候補の滋賀学園と対戦する。秋は1対8で7回コールド負けを喫した相手だが、「力対力では敵わないと思いますが、どこかで隙を見つけたら穴を開けていきたいと思います」と伊吹監督は意気込む。得意の機動力を活かして、揺さぶりをかけていきたい。

(文=馬場 遼)