2020年08月14日 皇子山球場

近江vs水口東

2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

絶対王者・近江が夏3連覇を達成!



マウンドで歓喜の輪を作る近江の選手たち

 近江が初優勝を狙った水口東を下し、夏の大会3連覇を飾った。

 近江は1回裏、相手守備の乱れなどから無死満塁のチャンスを作ると、4番・新野翔大(2年)が中犠飛を放ち、先制点を挙げる。さらに一死一、三塁から5番・長谷川 勝紀(3年)の内野ゴロと6番・久保田陽成(3年)の中前適時打で追加点を挙げ、初回から3点のリードを奪った。

 対する水口東は2回表、二死一、三塁から8番・神田一樹(2年)が右前適時打を放ち、1点を返す。これで流れを呼び戻したかったが、先発の大橋廉(3年)がピリッとしない。2回裏に3四球から二死満塁のピンチを招くと、長谷川に遊撃手のグラブを弾く、2点適時打を浴びると、続く久保田にも中前適時打を打たれ、リードを5点に広げられてしまった。

 水口東の村田潤平監督は前日の準決勝に登板しなかった大橋を万全の状態で送り出したが、「決勝の重圧というか、近江さんのユニフォームを見て体が動かない部分があったと思います」と大橋の立ち上がりを悔やんだ。3回以降は緩急を上手く使って、追加点を与えなかっただけに2回までの乱調がもったいなかった。

 準決勝で6回72球を投げていた近江のエース・田中航大(3年)も序盤は本来の投球ではなく、コントロールが乱れる場面もあった。2回以外は得点を許さなかったが、多賀章仁監督は5回を終えた段階で、「次の回が最後」と田中に伝えたという。しかし、田中は「この番号(1)を背負っているなら、優勝の瞬間まで絶対に僕が投げ切りたいと思っていたので、『投げさせてください』と話しました」と続投を直訴。自らの言葉でスイッチが入った田中は6回以降、一人の走者も出さなかった。最後は外角のストレートで三振を奪い、ゲームセット。マウンドには歓喜の輪ができた。

「皇子山球場で優勝の瞬間にマウンドに立つのが小さい頃からの夢だったので、最高の瞬間でした」と優勝の瞬間を振り返った田中。この先に甲子園はないが、長年の夢をかなえることができた。

 歓喜に満ち溢れたチームの中で悔しさを味わったのがドラフト候補の主将・土田 龍空(3年)だ。プロ入りを見据えて木製バットで大会に臨んだが、準決勝、決勝では無安打に終わり、大会通算でも18打数4安打、打率.222と苦しんだ。

 「芯が小さい中でミートも全然できていないですし、バットも振れていなかったので、対応力がなかったかなと思います。非常に苦しんだ大会だったんですけど、この悔しさをしっかり練習にぶつけて頑張っていきたいです」と自身の打撃は納得いくものではなかった。そんな中でも「3連覇という目標を達成できて良かったです」とチームの目標を達成したこともあり、清々しい表情を見せていた。

 「この試合もウチらしくノーエラーで、バッテリー中心に守り勝つ野球ができたと思っています」と試合を振り返ったのは多賀監督。田中がコースを突いて打たせて取り、それにバックが堅い守りで応えて見せた。近江の守備は土田に注目が集まるが、一塁手の新野、二塁手の橋本歩音(3年)、三塁手の鈴木 脩太(3年)も守備のレベルはかなりのもの。練習時間が限られる中でも自分たちの持ち味をしっかりと出し切った。

 攻撃面では6番の久保田が2打席連続タイムリーの活躍を見せた。昨年まではベンチ外で、大会直前にもメンバー外の選手がメインとなるメモリアルゲームに出場していた選手だが、大会が始まってから調子を上げ、準決勝からスタメンに抜擢されるようになった。下級生にも主力選手がいる中で、「最後のところで3年生が出てきてくれた」(多賀監督)と最上級生の成長がチーム力をさらに押し上げた。

 これで近江は県大会で6季連続優勝かつ30連勝という偉業を成し遂げた。新チームも4番の新野や投打で大活躍を見せた山田 陽翔(1年)といった力のある下級生が多く残り、近江の黄金時代はまだまだ続きそうだ。

 敗れた水口東も過去最高成績を更新する準優勝は立派な結果だ。3年前の4強入りを見て入学を決めた3年生が先輩たちの記録を上回った。公立の進学校ではあるが、「地域を含めて一丸となったら、ここまでやれるんだと希望を感じさせてくれました」と村田監督は選手たちの持つ可能性に感銘を受けていた。この試合を見て、水口東で甲子園に行きたいと思った中学生も多くいたことだろう。近い将来に甲子園初出場を果たす日がやってくるかもしれない。

(記事=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
神戸国際大附vs近江【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
甲子園二度経験の近江の4本柱の一角・金城 登耶(BC滋賀)が20歳で現役引退 【ニュース - 高校野球関連】
近江が5年連続の近畿大会出場を決める!準決勝・近江vs綾羽を徹底レポート【秋季滋賀県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
近江vs綾羽【滋賀県 2020年秋の大会 秋季滋賀県大会】
水口東vs綾羽【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
近江vs滋賀学園【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
滋賀学園vs近江兄弟社【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
第1014回 チームの歴史を継承するために。近江(滋賀)は感謝の想いを持って頂点を目指す【後編】【野球部訪問】
第1015回 プロ注目右腕や超高校級の遊撃手・土田擁する5季連続県王者の近江など今年の滋賀県はタレント揃い【大会展望・総括コラム】
第1192回 超前向きな世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。名将も評価するメンタルの強さを武器に躍動を【後編】 【2020年インタビュー】
第1014回 黄金期に入りつつある近江(滋賀)はどうして滋賀王者であり続けることができるのか【前編】【野球部訪問】
第1191回 世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。社会人の練習参加、意識改革で守備のレベルは急上昇【前編】 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第31回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
近江 【高校別データ】
水口東 【高校別データ】
令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (4)

水口東水口東よ勝て西山 2020.08.14
現地には人が少なく心細いだろうけど、テレビの前にはたくさんの応援してくれている人がいる。がんばれ水口東。諦めるな水口東。
水口東決勝進出おめでとう!元城中教諭F 2020.08.14
昨日の完封試合はしびれました。
この夏は甲子園大会がなくなり非常に残念ですが、
こうしてみんなが生き生きと野球をしている姿を見てとても嬉しく思っています。
特に教え子が活躍する場を見ていると、自分も頑張らなければと気持ちがしまる思いです。
ぜひ優勝を目指して頑張ってください!
水口東初優勝を果たして!!マネージャーOG 2020.08.14
こんなに嬉しい夏はない。
母校がこの厳しいコロナの中でも必死に戦い、決勝を手にしてくれた!球場で応援できないのがほんとに残念すぎる。。。
自分達のペースで全力を出し切ってほしい。
必ず勝てると信じています!
心から応援しています!!頑張れ水口東高校野球部!!
水口東水口東に勝利をにし 2020.08.13
今年の夏は特別です。
たくさんの高校生が我慢をした夏。
我が子もその1人。
みんなの分まで思いっきり楽しんで頑張ってください。
水口から応援してます

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る