2020年08月09日 県立彦根球場

近江vs瀬田工

2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

近江がドラフト候補擁する瀬田工を5回コールドで下す



2安打2打点の活躍を見せた土田龍空(近江)

 優勝候補本命である近江と、ドラフト候補右腕・小辻 鷹仁(3年)を擁する瀬田工の一戦。小辻が近江打線にどう対峙するかに注目が集まったが、この日の先発は小辻ではなく、背番号5の小浦翔(3年)だった。「小辻は昨日に93球を投げていたので、今日は小浦が序盤を頑張って抑えて、リードした展開で小辻にバトンタッチしたかった」と小浦先発の意図を明かした小椋和也監督。小辻は4番・右翼手で出場することになった。

 しかし、小椋監督の目論見は序盤で崩れることになる。1回裏、近江は一死一、三塁のチャンスを作ると、5番・長谷川 勝紀(3年)の左前適時打で1点を先制。「自分の夢であったプロ野球に挑戦したい」と先日にプロ志望届を提出した強肩巧打の捕手が、チームに勢いをもたらした。

 2回裏には二死走者なしから9番・田中航大(3年)が四球を選んで出塁すると、続く1番・鈴木 脩太(3年)も四球を選んで一、二塁とする。ここで2番・明石楓大(2年)の2点適時二塁打を放ち追加点を挙げると、そこから打線が一気に繋がり5得点。6点差となったところで瀬田工はたまらず小辻をマウンドに送り込んだ。二死一、三塁の場面で登板した小辻は暴投でさらに1点を失い、2回を終えて7点ビハインドと瀬田工にとっては苦しい展開となった。

 フリーバッティングでは投手を17mから投げさせるなど、入念な小辻対策を行ってきた近江は3回以降も攻撃の手を緩めない。3回裏には二死二塁の場面でともに滋賀選抜で戦った3番・土田 龍空(3年)との初対決が実現。「タイミングは合っていなっかったんですけど、体を残せて打てました」と1ボール1ストライクからのスライダーをライト前に運び、追加点を挙げる。

 小辻と土田の直接対決はこの1打席だけだったが、「ストレートが非常に来ていて、ビックリしました」と土田は小辻の凄さを打席で実感していた。

 近江は4回裏にも8番・橋本歩音(3年)のスクイズと田中の適時内野安打で2点を追加。5回表は山田 陽翔(1年)が無失点に抑え、近江が5回コールド勝ちで準決勝進出を決めた。

 「夏の大会は2アウトからいかに点を取れるか、守っている方はいかに3アウトを取るかがカギになるんですけど、6点のビッグイニングが今日の勝因だと思います」と試合を振り返った近江の多賀章仁監督。小浦が2回の近江の攻撃を無得点に抑えていれば展開は変わったかもしれないが、田中の四球を大量点に結び付けたことで瀬田工が思い描いていた青写真を打ち砕くことに成功した。

 小辻も2回3分の1を投げて3失点と近江の流れを止めることができなかった。「完璧に捉えられた当たりはあまりなかったんですけど、しぶとく微妙なところに打たれたと思います」と相手の打撃技術に脱帽。この試合に関しては全てにおいて近江が一枚も二枚も上手だった印象だ。

 小辻は既にプロ志望届を提出しており、ドラフト候補選手を対象にした合同練習会にも参加する予定だ。「野球をやっている人たちが憧れてくれるようなピッチャーになりたいです」と将来の目標を語った小辻。10月のドラフト会議で彼の名前は呼ばれるだろうか。

(取材=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
近江が5年連続の近畿大会出場を決める!準決勝・近江vs綾羽を徹底レポート【秋季滋賀県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
近江vs綾羽【滋賀県 2020年秋の大会 秋季滋賀県大会】
絶対王者・近江が夏3連覇を達成!決勝戦を徹底レポート!【滋賀大会】 【ニュース - 高校野球関連】
近江vs水口東【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
近江vs滋賀学園【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
近江兄弟社vs大津商【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
滋賀学園vs近江兄弟社【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
第1014回 チームの歴史を継承するために。近江(滋賀)は感謝の想いを持って頂点を目指す【後編】【野球部訪問】
第1015回 プロ注目右腕や超高校級の遊撃手・土田擁する5季連続県王者の近江など今年の滋賀県はタレント揃い【大会展望・総括コラム】
第1192回 超前向きな世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。名将も評価するメンタルの強さを武器に躍動を【後編】 【2020年インタビュー】
第1014回 黄金期に入りつつある近江(滋賀)はどうして滋賀王者であり続けることができるのか【前編】【野球部訪問】
第1191回 世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。社会人の練習参加、意識改革で守備のレベルは急上昇【前編】 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第1132回 146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はOB・西崎幸広以来の逸材...。なぜ高卒プロを目指せる投手になったのか? 【後編】 【2020年インタビュー】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
近江 【高校別データ】
瀬田工 【高校別データ】
令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

どっちも頑張れー南郷6期 2020.08.08
南郷6期生!
ガンバレー!

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る