2020年07月24日 湖東スタジアム

近江vs光泉カトリック

2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

近江のスーパー1年生・山田が投打でチームを救う大活躍!



7回裏に決勝打を放った山田陽翔(近江)

 昨夏の決勝戦と同じ組み合わせが初戦で実現。試合展開も昨年を再現するような素晴らしい守り合いとなった。

 近江の先発マウンドを任された田中航大(3年)がテンポの良い投球を見せると、光泉カトリック先発の平井栄太(3年)も緩急を上手く使って、近江打線を翻弄。「予定は3回までだった」という古澤和樹監督の期待を良い意味で裏切り、5回を投げて3安打無失点の好投を見せる。6回からマウンドを引き継いだ中植樹一郎(3年)も2番から始まる近江の攻撃を3人で抑え、良い流れを引き継いだ。

 このまま投手戦が続くと思われたが、6回裏の近江の攻撃中にキャッチボールをしていた田中が右ふくらはぎを攣るアクシデントに見舞われる。治療した後に一度はマウンドに戻ったが、再び痙攣したために降板を余儀なくされた。

 この緊急事態でマウンドに上がったのが1年生の山田 陽翔。大津瀬田ボーイズ時代にはボーイズ日本代表にも選ばれたことのある逸材だ。突然の公式戦デビューにも、「抑えてやろうという強い気持ちでマウンドに上がりました」と堂々たる投球を披露。見逃し三振、三塁ゴロ、空振り三振と完璧な投球で光泉カトリック打線を抑え込んだ。

 これで流れを読んだ近江はその裏に二死一、二塁のチャンスを作ると、9番の山田に打席が回る。「リラックスして何も考えずに打席に入りました」と初球の変化球を振り抜き、レフト線への適時二塁打を放つ。「あの場面であれだけのスイングができるのが凄い」と多賀章仁監督も称賛する強烈な一打で近江が待望の先取点を挙げた。山田がこの1点を最後まで守り抜き、昨年と同じ1対0のスコアで近江が勝利。3回戦にコマを進めた。

 全体練習に合流して2ヶ月足らずの山田だが、練習試合で結果を出し、「田中に次いで安定している投手」と多賀監督が認めるほどの信頼を勝ち取った。

 「1年生28人の中でもリーダーシップをとっている」と既に同級生を引っ張る存在になっており、今後も投打の柱としての活躍が期待されている。

 山田が鮮烈なデビューを飾った一方で、ドラフト候補の土田 龍空(3年)は3打数無安打に終わり、「自分は結果を出せずにチームに迷惑をかけたと思います。打席で間をとれていなかったし、余裕もなかったです」と反省しきり。次戦での爆発に期待したい。

 敗れた光泉カトリックの古澤監督はこの夏をもって退任することが決まっており、これが最後の試合となった。「出来すぎなくらい3年生が頑張ってくれました。最後にこのチームで監督ができて良かったと思っています」と3年生に感謝の言葉を述べていた。

(取材=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
近江が5年連続の近畿大会出場を決める!準決勝・近江vs綾羽を徹底レポート【秋季滋賀県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
近江vs綾羽【滋賀県 2020年秋の大会 秋季滋賀県大会】
絶対王者・近江が夏3連覇を達成!決勝戦を徹底レポート!【滋賀大会】 【ニュース - 高校野球関連】
近江vs水口東【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
近江vs滋賀学園【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
滋賀学園vs近江兄弟社【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
近江vs瀬田工【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
第1014回 チームの歴史を継承するために。近江(滋賀)は感謝の想いを持って頂点を目指す【後編】【野球部訪問】
第1015回 プロ注目右腕や超高校級の遊撃手・土田擁する5季連続県王者の近江など今年の滋賀県はタレント揃い【大会展望・総括コラム】
第1192回 超前向きな世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。名将も評価するメンタルの強さを武器に躍動を【後編】 【2020年インタビュー】
第1014回 黄金期に入りつつある近江(滋賀)はどうして滋賀王者であり続けることができるのか【前編】【野球部訪問】
第1191回 世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。社会人の練習参加、意識改革で守備のレベルは急上昇【前編】 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第30回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
近江 【高校別データ】
光泉カトリック 【高校別データ】
令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る