盤石な試合運びを見せた近江が5季連続の滋賀制覇



優勝旗を受け取る土田龍空(近江)

 近江が快進撃を続けてきた立命館守山を圧倒して5季連続の滋賀王者に輝いた。

 近江は先発の背番号10・本間遙大(2年)が緩急を使った投球で立ち上がりを三者凡退に抑える上場の立ち上がりを見せる。するとその裏、プロ注目のリードオフマン・土田 龍空(2年)が左翼手の頭上を越える三塁打を放ち、いきなり先制のチャンスを掴んだ。ここで2番・勝部 風雅(2年)が中前適時打を放ち、幸先よく先制する。さらに5番・新野 翔大(1年)と7番・溝畑 雄大(2年)の適時打で追加点を挙げ、この回4点を奪った。

 立ち上がりを攻められた立命館守山先発の信次陽和(1年)だが、2回、3回は変化球を上手く使って、無失点に抑える。それでも対応力の高い近江打線は4回裏に2本の安打で一死一、三塁と追加点のチャンスを作り、土田を打席に迎えたところで、立命館守山は捕手の景山 透唯(2年)がマウンドへ上がる。準決勝までと同じ必勝パターンで流れを呼び込もうとした。しかし、ここで結果を残すのが土田だ。詰まりながらも左翼手の前にポトリと落ちる適時打を放ち、大きな追加点を奪った。

 その後も近江は小刻みに得点を積み重ねて立命館守山を突き放す。本間は5回まで投げて4安打無失点と先発の役割を果たし、6回から背番号1の島瀧悠真(1年)が登板。インコースへのスライダーが冴え、二塁すら踏ませない抜群の安定感を発揮した。最後は一死一塁から三塁への併殺に打ち取り、試合終了。近江が3年連続13回目の優勝を果たし、県内での連勝を25に伸ばした。



近江の正捕手・長谷川勝紀

 林 優樹(3年)、有馬 諒(3年)の黄金バッテリーが抜けて、「継投で3イニングをしっかり投げられるピッチャーを作らないと」(多賀彰仁監督)というところからスタートしたが、終わってみれば5試合で1失点という素晴らしい結果を残した。前半戦は本間、準々決勝以降は島瀧が軸となり、盤石な試合運びを見せている。

 そして、投手陣の好結果を引き出したのが、捕手の長谷川 勝紀(2年)だ。昨秋は投手として公式戦の登板経験もあったが、今年5月から捕手にコンバート。強気のリードが持ち味で、有馬とは正反対の性格だと多賀監督は話す。長谷川の成長もあり、「相当厳しいと思ったが、そうはならなかった」(多賀監督)と有馬の抜けた穴は杞憂に終わった。

 主将となった土田も5打数3安打2打点と大活躍を見せた。通算本塁打は20本から伸び悩んでいるようだが、この日も2本の三塁打を放つなど、好調をキープしている。野球人生初の主将にも特に苦労していない様子で、チームを背負う立場としての自覚も十分。「甲子園に行くには近畿大会で勝たないといけないので、ここで満足していたらダメ」と快勝にも慢心はない。2季連続の甲子園出場に向けて、ここからと本番といったところか。

 一方、大躍進を続けてきた立命館守山は完全に力負けしたという印象だった。この日は自分たちのペースで試合を進めることができなかったが、強豪揃いの近畿大会を戦うにあたって、良い経験を積むことができたはず。創部4年目で挑む初の近畿大会で旋風を巻き起こせるか。

(文=馬場 遼)