2019年09月23日 湖東スタジアム

綾羽vs八幡商

2019年秋の大会 秋季滋賀県大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

早津の好投で綾羽が8強進出



好投を見せた先発の早津康生(綾羽)

 2回戦で比叡山を5回コールドで下した八幡商彦根東に勝利した綾羽による一戦。ベスト8を懸けた戦いは綾羽が勝利を収めた。

 綾羽の先発は背番号1の早津 康生(2年)。昨年から投手陣の一角を担っていた早津は先頭打者を死球で歩かせるが、すかさず牽制でアウトにする。続く打者に安打を許すも次の打者を併殺に打ち取り、落ち着いたマウンドさばきを見せた。

 対する八幡商の先発はこちらも昨年から公式戦の登板がある堀 晃大(2年)。曲がりの大きな変化球を武器とする好投手だ。立ち上がりに2本の安打を浴びて、一死一、三塁のピンチを招くが、4番、5番を連続三振に切って取り、先制点を許さない。

 試合が動いたのは2回裏、先頭の6番・浅井倖介(2年)が安打で出塁すると、犠打と牽制悪送球で一死三塁とする。ここで8番・西山 聡(2年)が犠飛を放ち、綾羽が1点を先制した。さらに綾羽は3回裏にも無死一、三塁から3番・伊藤 彰馬(2年)の犠飛で1点を追加。前半から試合を優位に進めた。

 反撃したい八幡商だったが、早津の丁寧な投球と二遊間を中心とした堅実な守りで凡打の山を築かされる。また、この日は台風が近づいている影響で打者にとっては強い逆風が吹いていた。綾羽バッテリーはその気象条件も上手く利用しながらフライアウトを稼いでいた。

 追加点が欲しい綾羽は8回裏、2番・日比 達也(2年)が安打で出塁すると、盗塁と内野ゴロで一死三塁のチャンスを作る。この場面でフルスイングが持ち味の4番・近藤大暉(2年)が中前適時打を放ち、貴重な追加点を挙げた。

 意地を見せたい八幡商は9回表に無死一、二塁のチャンスを作るが、併殺と二塁ゴロに倒れて試合終了。早津の好投が光った綾羽が準々決勝進出を決めた。

 完封勝利を飾った早津は四死球2で104球と制球力の高さが光った。千代純平監督によると、早津以外にも力のある投手がいるそう。「他の投手は投げたくてウズウズしていると思います」と準々決勝以降の活躍に期待していた。守備では3失策と記録上ではミスが多かったが、勝負所では冷静な守備が光り、4併殺を奪って相手の攻撃を封じた。打撃陣も中軸の伊藤、近藤ら4強入りした夏の経験者が多く残っており、総合力は県内でも上位クラスだろう。滋賀学園光泉など有力校が多く敗退しているこの秋は近畿大会出場の大きなチャンスだ。

 敗れた八幡商は堀が力投を見せたが、打線が援護できなかった。走者を出す場面が多かったが、4併殺の拙攻が響いた形となった。2回戦では大量得点を奪っており、打撃力がないわけではない。勝負強さを磨いて春、夏を迎えてほしい。 

(文=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
首位・楽天を支える投打の柱。則本昂大(八幡商出身)と浅村栄斗(大阪桐蔭出身)の1990年世代の2人 【ニュース - 高校野球関連】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第988回 【秋季滋賀県大会】県全体のレベルアップの必要性を感じながらも、見どころの多かった秋【大会展望・総括コラム】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
綾羽vs伊香【滋賀県 2019年秋の大会 秋季滋賀県大会】
近江vs綾羽【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
第933回 近江を止めるのはどこだ?滋賀学園、光泉ら力校が追随する!【滋賀大会展望】【大会展望・総括コラム】
彦根東vs綾羽【滋賀県 2019年春の大会 春季滋賀県大会】
第877回 近江が優勝へ一歩リード!比叡山など注目校が追走する構図に!【大会展望・総括コラム】
第349回 東北楽天ゴールデンイーグルス 則本 昂大投手 「東北、そして日本の大エースへの道程」 【2015年インタビュー】
第186回 東北楽天ゴールデンイーグルス 則本 昂大投手 【2014年インタビュー】
綾羽 【高校別データ】
八幡商 【高校別データ】
令和元年度秋季近畿地区高等学校野球滋賀県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る