2019年07月13日 県立彦根球場

彦根翔西館vs玉川

2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

機動力を発揮した彦根翔西館が3回戦進出

 開幕戦を飾った彦根翔西館が機動力を発揮して玉川を下し、3回戦進出を決めた。

 彦根翔西館は1回裏、先頭の中川敦貴(3年)が初球をセンター前に運ぶと、「昨日から初回に先頭が出たらエンドランでいく」と決めていた伊吹克己監督は続く2番・野下瑛人(3年)の初球にエンドランのサインを出す。すると野下はバスターエンドランで上手く三遊間を破り、2球で無死一、三塁とすると、3番・七里悠平(3年)も初球を振り抜き、中前適時打。わずか3球で彦根翔西館が先制点を挙げる。さらに二死二、三塁から6番・小林愛大(3年)が左前2点適時打を放ち、この回だけで3点を奪った。

 援護を貰った彦根翔西館先発の藤村駿介(3年)はキレのあるボールを投げ込み、3回までパーフェクトピッチング。序盤は彦根翔西館ペースで試合が進んだ。

 流れを変えたい玉川は一死一、二塁から7番・永田陸人(3年)の右越え適時二塁打でまず1点を返す。さらに一死二、三塁と一打同点の場面で8番・竪山流石(3年)が右越え2点適時二塁打を放ち、同点に追いついた。

 追いつかれた彦根翔西館だが、すぐに流れを引き戻す。5回裏に一死満塁とすると、7番・田口慎二の二塁ゴロが相手の失策を誘い、二者が還って勝ち越しに成功する。さらに6回裏には七里の内野ゴロと4番・北村 龍之介(2年)の適時二塁打で2点を追加。再び試合の主導権を握ることに成功した。

 再びリードを貰った藤村は6回以降に立ち直ると、8回から登板した森野圭太(2年)も無失点に抑え、彦根翔西館が勝利。3回戦へとコマを進めた。

 この日の彦根翔西館は4盗塁を決め、エンドランも多用するなど機動力が光っていた。伊吹監督は「基本的に送らずに打ってというチームを作ってきました」と犠打に頼らず強行策や足を絡める攻撃で得点を重ねるチーム作りを行ってきたという。また、玉川の先発・永田は緩い変化球を武器とする左腕ということもあり、ランナー二塁からの盗塁やエンドランを積極的に仕掛ける場面が見られた。

 3回戦では優勝候補の近江と対戦する。「この春から積み上げてきた野球を出し切ることができれば、どこかでチャンスはあると思います」と伊吹監督はジャイアントキリングに自信を見せる。全国屈指のバッテリーを擁する近江にどこまで食い下がれるかに注目したい。

(文:馬場 遼)

関連記事はこちらから
第101回 全国高等学校野球選手権 滋賀大会
近江を止めるのはどこだ?滋賀学園、光泉ら力校が追随する!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
プロ注目遊撃手・土田龍空(近江)や147キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)など逸材多数!今夏滋賀大会を展望 【ニュース - コラム】
第1015回 プロ注目右腕や超高校級の遊撃手・土田擁する5季連続県王者の近江など今年の滋賀県はタレント揃い【大会展望・総括コラム】
滋賀県選抜が龍谷大下し勝利!【滋賀県オーストラリア遠征】 【ニュース - 高校野球関連】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
玉川vs水口【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
彦根翔西館vs安曇川【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
都立東大和vs玉川学園【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
光泉vs玉川【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
第413回 彦根翔陽・彦根翔西館(滋賀)「投打に個性派揃いの連合チーム」【野球部訪問】
第358回 春優勝の光泉、選抜ベスト8の滋賀学園が同ブロック!!今年は3回戦がヤマ場!【滋賀抽選会後 展望】【大会展望・総括コラム】
玉川 【高校別データ】
彦根翔西館 【高校別データ】
第101回 全国高等学校野球選手権 滋賀大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る