2019年05月06日 皇子山球場

近江vs滋賀学園

2019年春の大会 春季滋賀県大会 決勝戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

近江が3季連続の滋賀王者に輝く



滋賀学園先発の尾﨑完太(滋賀学園)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 近江滋賀学園という滋賀県を代表する私立同士の決勝戦。3季連続優勝を目指す近江が貫録の勝利を収めた。

 近江の先発は絶対的エースの林 優樹(3年)。完投した前日に続く連投だったが、持ち前のテンポのいいピッチングで立ち上がりを三者凡退に抑える。

 守りからリズムを作った近江は初回から滋賀学園のエース・尾﨑完太(3年)に襲い掛かった。一死から見市 智哉(3年)が中前安打で出塁すると、続く土田 龍空(2年)の内野ゴロで二塁に進む。ここで4番の住谷 湧也(3年)がレフトの頭上を超える適時二塁打を放ち、先制点を挙げた。

 さらに3回裏には一死二塁から3番・土田がレフト戦への適時二塁打で1点を追加。続く住谷の内野安打と盗塁で一死二、三塁とすると、5番・有馬 諒(3年)がスクイズを決めて3点目を奪う。4回裏にも見市に適時打が飛び出し、4回までに4点のリードを奪うことに成功した。

 5回以降は滋賀学園2番手の田上友一朗(2年)に抑え込まれて追加点を挙げられなかったが、林にとって4点は十分すぎる援護だった。

【次のページ】 近江vs滋賀学園(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
滋賀大会の組み合わせが決定!王者近江に挑むのは昨年センバツ出場の膳所! 【ニュース - 高校野球関連】
2年ショート・土田龍空(近江)「夏では長打・安打を打ち分ける選手になりたい」 【ニュース - 高校野球関連】
第918回 まだまだいる近畿の逸材!隠れた逸材野手、スーパー1年生たちをピックアップ!【大会展望・総括コラム】
第917回 今年の近畿大会はドラフト候補が勢揃いだった!夏まで追跡したい7人の逸材たち【大会展望・総括コラム】
第916回 今年の近畿大会準決勝はハイレベル!2試合の見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第877回 近江が優勝へ一歩リード!比叡山など注目校が追走する構図に!【大会展望・総括コラム】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第801回 目指すは春夏連続甲子園出場!新世代トップクラス捕手・有馬諒(近江)が描くシナリオ 【2018年インタビュー】
第773回 近江の4番から日本の4番へ!北村恵吾(近江)が語る今夏の活躍と今後のビジョン 【2018年インタビュー】
第770回 甲子園3度出場の北村恵吾(近江)の土台となったケガと経験 【2018年インタビュー】
第352回 滋賀学園高等学校 神村 月光選手「強心臓とクレバーさを持ちあわせた怪腕」 【2015年インタビュー】
第215回 植田 海選手(近江高等学校) 【2014年インタビュー】
近江 【高校別データ】
滋賀学園 【高校別データ】
春季近畿地区高等学校野球滋賀県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る