2019年04月27日 県立彦根球場

草津東vs大津

2019年春の大会 春季滋賀県大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

草津東が12安打10得点で打撃戦を制す



本塁打を放った草津東の石津翔伍

 両チーム合わせて25安打の打撃戦は効率良く得点を重ねた草津東が10対6で勝利。3回戦進出を決めた。

 草津東は1回裏に連打で一死二、三塁とすると、4番・石津翔伍(2年)の左中間への適時二塁打で先制点を挙げる。2回表に1点を返されるが3回裏には一死一、二塁から石津が今度はレフトスタンドに突き刺さる3ランを放ち、リードを4点に広げた。

 反撃したい大津は5回表に相手のミスと4番・小林颯(3年)の適時打で2点差と迫るが、その裏に3失策が絡み、再び4点差とされる。

 それでも諦めない大津は6回表に二死満塁のチャンスを作り、2番の主将・小寺大輝(3年)が右中間を破る走者一掃の適時二塁打を放ち、1点差とする。

 粘る大津を振り切りたい草津東は6回裏に6番・北井俊祐(3年)の犠飛で1点を追加。7回と8回にも適時打で1点ずつ加えて徐々にリードを広げていく。

 草津東先発の背番号10・伏田侑太郎(3年)は13安打を浴びながらも、7回以降をも失点に抑える粘り強い投球を見せて完投。試合巧者ぶりを発揮した草津東が食い下がる大津に対して勝利を収めた。

 「練習試合ではランナーは出るけど点に繋がらないことが多かったんですけど、今日は点に繋がったのが良かったですね」と試合を振り返った草津東の藤木泰仁監督。13安打の大津に対して草津東は12安打と安打数では下回ったが、得点圏での長打や適時打が勝利へと繋がった。

 この日、本塁打を含む2安打5打点と活躍した石津は昨秋まで控えだった選手。「振る力は元々あった」(藤木監督)という有望株が冬で成長して4番の座を勝ち取った。昨秋8強と以前から力のあるチームだが新戦力の台頭でさらにパワーアップしたように感じられる。次は秋に2安打完封で敗れた滋賀学園との対戦となるが、秋とは違った姿を見せられるか。

 大津は13安打と打力のあるところを見せつけたが、与四球10、4失策と守りに課題を残し。夏までにチームの成熟度を上げていければ上位進出のチャンスも見えてくるだろう。

(文=馬場遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
秀岳館や城北、熊本国府などの実力校が揃って3回戦へ【選手権熊本大会・14日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
九州学院が盤石の戦いで2回戦へ!ルーテル学院は終盤の集中打で千原台を下す【選手権熊本大会・9日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第933回 近江を止めるのはどこだ?滋賀学園、光泉ら力校が追随する!【滋賀大会展望】【大会展望・総括コラム】
第877回 近江が優勝へ一歩リード!比叡山など注目校が追走する構図に!【大会展望・総括コラム】
第821回 近江が抜群の強さを見せつけた秋季滋賀大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第724回 【滋賀展望】レベルアップ著しい注目の滋賀大会!激戦を勝ち抜くのは?【大会展望・総括コラム】
第2回 県立草津東高等学校(滋賀)【冬が僕らを強くする2018】
大津 【高校別データ】
草津東 【高校別データ】
春季近畿地区高等学校野球滋賀県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る