2018年10月07日 皇子山球場

近江兄弟社vs高島

2018年秋の大会 秋季滋賀県大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

大接戦を近江兄弟社が制し準決勝進出!



菊地(近江兄弟社)

 近江兄弟社高島の試合は近江兄弟社が延長戦を制し準決勝進出を決めた。

 初回、近江兄弟社は先頭の杼木悠人(とちき・2年)が相手のエラーで出塁する。その後二死二、三塁となり5番菊地 凜(2年)が適時二塁打を放ち2点先制する。

 その裏、高島は近江兄弟社先発・エースの菊地を攻め二死一、三塁とするが後続が抑えられ得点できない。

 2回裏、高島は一死一塁から8番長谷川武流(1年)がレフト線に二塁打で一死二、三塁とチャンスを広げる。続く9番門脇聖太(2年)の内野ゴロの間に三塁走者が返り、高島が1点返す。

 3回裏、高島は一死から3番馬場義誠(2年)が二塁打を放ち同点のチャンスを作る。その後、4番八木海那斗(2年)の進塁打で二死三塁し、暴投で同点にする。

 近江兄弟社は2回以降、高島先発の古谷秀磨(2年)を攻めるがあと1本がでず得点できない。

 6回表、一死から近江兄弟社・4番森大和(2年)が左前打で出塁。その後、盗塁と進塁打で二死三塁と勝ち越しのチャンスを作り6番大橋青宙(2年)が適時打を放ち1点勝ち越す。

 その裏、追いつきたい高島。先頭の武田信英(2年)が二塁打を放つと6番古谷が犠打を決め一死三塁と同点のチャンスを作る。7番小島大成(2年)が適時左前打を放ち試合を振り出しに戻す。

 その後、両校のエースが走者を出すものの踏ん張り試合はついに延長戦へ突入する。

 延長に入り試合が動いたのは12回表だった。

 近江兄弟社が二死から1番杼木が左前打で出塁する。すかさず盗塁を決め一打勝ち越しのチャンス作る。続く2番遠藤宥斗(2年)が三遊間を破る安打を放つと二塁走者杼木が一気に本塁へ向かう。高島・左翼手武田の送球は好返球となったがわずかに逸れ二塁走者生還。近江兄弟社がついに1点勝ち越す。

 何としても追いつきたい高島は、先頭の1番梅村亮(2年)が死球で出塁するとその後一死一、三塁となり4番八木を迎える。4番八木の打席で高島はダブルスチールを仕掛け成功。一打出ればサヨナラの場面を作るが後続が抑えられ試合終了。

 両校のエースが延長12回を投げ抜く大接戦を近江兄弟社が制し準決勝進出を決めた。

(文=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
滋賀県は高島が21世紀枠推薦校!近畿は残り2校!! 【ニュース - 高校野球関連】
龍谷大平安がV!各校課題が浮き彫りになった秋季近畿大会を総括! 【ニュース - コラム】
第775回 近畿6枠はどうなる?龍谷大平安の優勝で幕を閉じた秋季近畿大会を総括!【大会展望・総括コラム】
近江vs近江兄弟社【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
比叡山vs近江兄弟社【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
高島vs大津【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
高島vs彦根総合【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
高島vs彦根総合【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
第769回 近江・滋賀学園に注目!秋季滋賀県大会、組み合わせ決定【大会展望・総括コラム】
第724回 【滋賀展望】レベルアップ著しい注目の滋賀大会!激戦を勝ち抜くのは?【大会展望・総括コラム】
第67回 01年夏の近江の準優勝以降に躍進、18年春センバツは彦根東など3校選出【滋賀・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第47回 近江兄弟社高等学校(滋賀)【冬が僕らを強くする2017】
近江兄弟社 【高校別データ】
高島 【高校別データ】
平成30年度 秋季近畿地区高等学校野球滋賀県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る