2018年09月24日 県立彦根球場

高島vs大津

2018年秋の大会 秋季滋賀県大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

高島が14安打11得点で8回コールドで準々決勝進出!



マウンドに集まる高島ナイン

 高島大津の試合は、中盤に二度のビックイニングを作った高島が8回コールドで勝利した。

 初回、大津高島先発の古谷秀磨(2年)の立ち上がりを攻める。2番小寺大輝(2年)が右前打で出塁すると、その後二死一、二塁となり5番堀夢之(2年)が適時中前打を放ち大津が先制する。続く6番川西虹輝(1年)も適時中前打を放ち更に1点追加し、この回2点を奪い主導権を握る。

 その裏、高島は立ち上がり制球が乱れる大津先発の赤木一路(2年)を攻め無死一、三塁とし、3番馬場義誠(2年)の犠飛で1点を返す。

 2回表、大津は一死から8番赤木の四球で出塁し、9番内山陽登(1年)の犠打で二死二塁と追加点のチャンスを作る。1番高田慶太(1年)の中前打で二塁走者菊地が一気に本塁へ向かうが、センター・梅村亮(2年)の好返球に阻まれ追加点を挙げることが出来ない。

 4回裏、高島が反撃にでる。先頭の5番武田信英(2年)がレフトオーバーの二塁打で同点のチャンスを作る。大津の守備の乱れで同点にすると、9番門脇聖太(2年)の2点適時中前打で逆転に成功するその後1点を追加し主導権を奪う。

 逆転された大津は直後の5回表、一死一塁から1番高田が左安打、2番小寺の三塁手に捕らせるバント安打の連続安打で一死満塁のチャンスを作る。3番岩井亮典(1年)が適時右前打を放ち1点返し点差を2と縮める。

 その裏、高島は二死一、二塁で9番門脇がセンターオーバーの2点適時二塁打で、縮まった点差を逆に広げる。更に1番梅村の左中間を破る適時三塁打などでこの回5点奪い、点差を7に広げる。

 大津は7回表、先頭の2番小寺が左中間を破る二塁打出塁。続く3番岩井も中前打でつなぎ、4番小林颯(2年)の併殺崩れの間に1点奪う。

 7回裏、大津は5回途中から登板した川西から、背番号1の内山に変える。内山は高島先頭の9番門脇に中前打を打たれるが、粘り強い投球で後続を抑える。

 8回表、大津は二死一塁から1番高田、2番小寺の連続安打で二死満塁のチャンスを作るが、3番岩井が打ち取られ得点できない。

 その裏、高島は先頭の5番武田がレフトオーバーの三塁打で一打サヨナラの場面を作ると、6番小島大成(2年)が犠飛を放ち、高島が8回コールドで大津を下し準々決勝進出を決めた。

 高島先発の古谷は、14安打打たれるものの4失点と粘り強い投球を見せたが、立ち上がりと終盤でストレートが浮いたボールを痛打されていた。準々決勝の近江兄弟社戦までに修正できるか注目したい。

(文=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
2019滋賀の高校野球を象徴する漢字1文字を、現地記者から発表! 【ニュース - コラム】
第4回 滋賀の高校野球2019を漢字1文字で例えて振り返る!【滋賀の高校野球】
第10回 沖縄で着実に受け継がれる甲子園のDNA【沖縄の高校野球】
滋賀県選抜が龍谷大下し勝利!【滋賀県オーストラリア遠征】 【ニュース - 高校野球関連】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第988回 【秋季滋賀県大会】県全体のレベルアップの必要性を感じながらも、見どころの多かった秋【大会展望・総括コラム】
大津vs草津東【滋賀県 2019年秋の大会 秋季滋賀県大会】
都立高島vs都立小山台【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
都立高島vs岩倉【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
都立高島vs都立板橋【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
第991回 周りの人に恵まれた天才型ショート・土田龍空(近江) 誰にも負けない活躍を見せる!【後編】 【2019年インタビュー】
第987回 土田龍空(近江)「誰もが絶賛する遊撃守備はいかにして形付けられたのか?」【前編】 【2019年インタビュー】
第933回 近江を止めるのはどこだ?滋賀学園、光泉ら力校が追随する!【滋賀大会展望】【大会展望・総括コラム】
第877回 近江が優勝へ一歩リード!比叡山など注目校が追走する構図に!【大会展望・総括コラム】
大津 【高校別データ】
高島 【高校別データ】
平成30年度 秋季近畿地区高等学校野球滋賀県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る