光泉の速攻光る



光泉先発の伊藤有哉

 光泉玉川による草津市同士の対決は序盤に主導権を握った光泉に軍配が上がった。

 光泉はエースの吉田 力聖(2年)ではなく、背番号10の伊藤 有哉(2年)が先発マウンドに上がる。伊藤は吉田にも劣らない威力のあるストレートを投げ込み、1回表の玉川の攻撃を三者凡退に打ち取った。

 一方の玉川はエース左腕の永田陸人(2年)が先発したが、いきなり光泉打線が襲い掛かる。一死から四球と連打で満塁のチャンスを作ると5番の森本 修都(1年)がセンターに犠飛を放ち、1点を先制。さらに続く二死一、二塁のチャンスで6番・伊藤の右中間への2点適時二塁打で追加点を挙げる。7番の松田徹太(2年)も安打で一、三塁と追加点のチャンスを広げると、8番の山内陸(2年)が左前適時打を放ち、リードを4点に広げた。

 立ち上がりを攻められた永田だが、2回を三者凡退に打ち取って味方の反撃を待つ。すると3回表に二死から連打で一、三塁のチャンスを作る。ここで1ボール1ストライクの3球目にダブルスチールを敢行。一塁走者が挟まれる間に三塁走者の福井晴志郎(1年)が生還し、1点を返した。

 これで流れを引き寄せた玉川は続く4回表にも二死から4番の原田宇大(2年)がライト線への二塁打で出塁。さらに続く5番の饗庭康平(2年)が右前適時打を放ち、点差を2点に縮めた。

 点差を詰められ、嫌な流れを断ち切りたい光泉は5回裏に二死三塁と追加点のチャンスを作り、5番・森本の中前適時打で1点を追加。リードを3点に広げて前半を折り返す。

 7回まで2失点と力投を続けていた伊藤だが、8回表に二死二塁のピンチを招くと、足を攣るアクシデントに見舞われる。一度はマウンドに戻ったが、四球を出したところで降板。緊急事態にエースの吉田がマウンドに上がった。吉田は安打を打たれて満塁とされるが、続く永田を空振り三振に切って取り、得点を許さない。

 試合は3点差のまま最終回に突入。何とか追いつきたい玉川は一死から饗庭が安打で出塁すると、続く6番の一宮悠晟(2年)が左中間に適時二塁打を放ち、2点差に詰め寄る。これで一波乱あるかと思ったが、吉田が踏ん張り後続を空振り三振とセンターフライに打ち取って試合終了。序盤のリードを守り切った光泉が3回戦進出を決めた。

 光泉は2試合続けて継投で勝ち上がった。次は強力打線の滋賀学園だが、自慢の投手力で対抗できるだろうか。

 玉川は永田が2回以降に立ち直りを見せ、試合を優位に進めていたが、初回の4点が重かった。1イニングの重みを噛みしめて今後の練習に取り組んでほしい。

(文=馬場 遼)