2018年09月22日 皇子山球場

滋賀学園vs大津商

2018年秋の大会 秋季滋賀県大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

滋賀学園が完封で初戦突破



完封勝利を飾った尾﨑完太(滋賀学園)

 2年ぶりのセンバツ出場を目指す滋賀学園が新チームの公式戦初戦を完封勝利で飾り、3回戦進出を決めた。

 滋賀学園の先発は背番号1を付けた左腕の尾﨑完太(2年)。この日はストレートが走っており、2奪三振で三者凡退と完璧な立ち上がりを見せる。

 一方の大津商は背番号10の軟投派左腕・木内雄大(1年)が先発。滋賀学園は立ち上がりに制球が定まらない木内を攻めて二死一、二塁とすると、5番・比嘉天佑(2年)の右前適時打で1点を先制する。さらに続く満塁のチャンスで7番の朝井達也(2年)が左前2点適時打で追加点を挙げ、序盤から試合を優位に進めた。

 先制点を貰った尾﨑は2回、3回も快調な投球を続け、序盤3回をパーフェクトに抑える。対する木内も2回以降は落ち着いた投球を見せ、緩いボールを打たせて取る投球で追加点を許さない。

 反撃したい大津商は4回表に一死から2番の山元渓太(1年)が内野安打で初めて出塁する。続く5回には6番・井上龍(2年)の安打と盗塁で得点圏に走者を進めるが、尾﨑に要所で変化球を決められ、得点を奪うことができない。

 追加点が欲しい滋賀学園は7回裏に四球と安打で二死二、三塁のチャンスを作る。この場面で2ボール1ストライクから木内が痛恨の暴投。大きな追加点を許した木内は四球を出したところで降板し、2番手に吉岡翔聖(1年)がマウンドに上がる。吉岡翔は死球で満塁のピンチを招くが、何とか踏ん張り、これ以上の追加点は許さない。

 最後に意地を見せたい大津商だったが、最後まで尾﨑を打ち崩すことができず、9回表も三者凡退で試合終了。滋賀学園が4-0で勝利し、3回戦進出を決めた。

 この日の尾﨑は被安打2、与四死球1、奪三振14という完璧に近い内容だった。最速は138㎞(本人談)のストレートには力があり、変化球も要所で決まっていた。他にも夏の大会で登板した投手が多数いる中でエースナンバーを奪ったのにも頷ける。今後も投手陣の軸として活躍してくれるだろう。

 打撃陣は12残塁と初回以外はチャンスでの攻撃に課題が残ったが、全体的にバットが振れており、今後の爆発に期待したい。

 大津商は初回こそ3失点を許したが、その後は走者を出しながらもバッテリーを中心に堅実な守りを見せた。速球に対応できる打撃ができるようになれば、春以降は勝ち進めるようになるだろう。

(文=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
近江が大本命!令和最初の滋賀王者に輝くのはどこ? 【ニュース - コラム】
第877回 近江が優勝へ一歩リード!比叡山など注目校が追走する構図に!【大会展望・総括コラム】
近江の優勝で幕を閉じた秋季滋賀県大会を振り返る! 【ニュース - コラム】
第821回 近江が抜群の強さを見せつけた秋季滋賀大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集コラム】
滋賀学園vs草津東【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
第769回 近江・滋賀学園に注目!秋季滋賀県大会、組み合わせ決定【大会展望・総括コラム】
綾羽vs滋賀学園【滋賀県 2018年夏の大会 第100回選手権滋賀大会】
彦根東vs大津商【滋賀県 2018年夏の大会 第100回選手権滋賀大会】
滋賀学園vs安曇川【滋賀県 2018年夏の大会 第100回選手権滋賀大会】
第724回 【滋賀展望】レベルアップ著しい注目の滋賀大会!激戦を勝ち抜くのは?【大会展望・総括コラム】
比叡山vs滋賀学園【滋賀県 2018年春の大会 春季滋賀県大会】
第352回 滋賀学園高等学校 神村 月光選手「強心臓とクレバーさを持ちあわせた怪腕」 【2015年インタビュー】
大津商 【高校別データ】
滋賀学園 【高校別データ】
平成30年度 秋季近畿地区高等学校野球滋賀県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る