2018年09月17日 県立彦根球場

高島vs彦根総合

2018年秋の大会 秋季滋賀県大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

高島が後半に10点奪い8回コールドで勝利!



好投を見せた先発の古谷(高島)

 彦根総合高島の試合は、高島が6回と8回にビックイニングを作り、8回コールドで2回戦進出を決めた。

 彦根総合の先発は、左腕の中村拓海(1年)。中村拓は初回、安打と牽制ミスで二死三塁となるが無失点に抑え上々の立ち上がりを見せる。
 一方の高島の先発は、右腕の古谷 秀磨(2年)。古谷は、先頭の中村昂暉(2年)にライト線に二塁打を打たれるが後続を抑えこちらも上々の立ち上がり見せる。

 高島は、5回までほぼ毎回得点圏に走者を進めるがあと1本がでず得点することが出来ない。
 対する彦根総合は4回、二死から4番・中村蓮(2年)が右前打、出塁する。続く5番・清川修平(2年)も右前打を放ち1塁走者・中村蓮が3塁を狙う。しかし高島の右翼手・大岡尋(2年)の好返球に阻まれ得点することが出来ない。

 互いに歯がゆい攻撃が続いたが、先に先制したのは高島だった。一死一、二塁から7番・小島大成(2年)が左中間に適時二塁打で2点先制する。さらに、1番・梅村亮(2年)、3番・馬場義誠(2年)、4番・八木海那斗(2年)の連続適時打で打者1巡の猛攻でこの回一挙6点を奪う。

 点差を縮めたい彦根総合だが、6回、7回と高島・古谷に抑えられ点を奪う事が出来ない。
 すると8回、高島は5番・古谷の右前適時打、6番・武田信英(2年)の走者一掃の適時三塁打で一挙4点を奪い、10対0とその差を大きく広げることに成功する。

 すこしでも反撃したい彦根総合は、8回から登板した高島・長谷川武流(2年)を攻め一死満塁とする。しかし後続が倒れ、試合は10対0の8回コールドで高島が勝利。
 高島は前半得点に苦しんだが、6回に8番・小島の適時打を皮切りに打線が爆発して二回戦進出を決めた。

 彦根総合・先発の中村拓は、前半粘り強い投球で高島打線を無失点に抑えていた。しかし後半、制球が甘くなり高島打線を抑えることが出来なかった。後半でも制球力が維持できるかこれからの課題だ。

(文=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
都立高島vs都立小山台【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
都立高島vs岩倉【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
都立高島vs都立板橋【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
都立高島vs都立東【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
第933回 近江を止めるのはどこだ?滋賀学園、光泉ら力校が追随する!【滋賀大会展望】【大会展望・総括コラム】
滋賀大会の組み合わせが決定!王者近江に挑むのは昨年センバツ出場の膳所! 【ニュース - 高校野球関連】
綾羽vs高島【滋賀県 2019年春の大会 春季滋賀県大会】
光泉打線が爆発し近江兄弟社を破る!滋賀大会ベスト8出揃う!【春季滋賀県大会・2日結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第877回 近江が優勝へ一歩リード!比叡山など注目校が追走する構図に!【大会展望・総括コラム】
第821回 近江が抜群の強さを見せつけた秋季滋賀大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第47回 近江兄弟社高等学校(滋賀)【冬が僕らを強くする2017】
第22回 東海大相模も敗退!今夏の甲子園は東海大系列校ゼロ!今日の熱戦をプレイバック!【夏の大会特集2016】
高島 【高校別データ】
彦根総合 【高校別データ】
平成30年度 秋季近畿地区高等学校野球滋賀県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る