2018年09月16日 県立彦根球場

伊吹vs東大津

2018年秋の大会 秋季滋賀県大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

伊吹打線が爆発!15安打12得点の5回コールドで2回戦進出



試合の様子

 好投手擁する伊吹東大津の試合は、伊吹打線が爆発し、15安打12得点の5回コールドで2回戦進出を決めた。

 先取点を取ったのは伊吹だった。二死から3番山田直知(2年)が四球、4番友田翔(2年)が死球で二死一、二塁のチャンスを作ると、5番伊藤颯真(1年)が、レフト線へ適時打を放ち伊吹が2点先制する。

 その裏、東大津の攻撃は2番村山皓佑(2年)が相手のエラーで出塁すると、捕逸で二塁に進み、4番山田祥也(2年)が甘く入ったストレートを逃さずフルスイング。打球はレフトスタンドに飛び込む2点本塁打ですぐさま追いつく。

 同点にされた伊吹は、2回先頭の前川心星(2年)が右中間を破る三塁打で出塁する。その後二死となるが2番西堀喜羅(1年)が適時中前打で勝ち越し、再び主導権を握る。

 3回、更に伊吹は先頭の4番友田、5番伊藤の連続安打、6番小泉一真(2年)の犠打で一死二、三塁とする。7番杉本幸耶(2年)が適時中前打を放ち追加点を挙げると更に2点を追加し、点差を4に広げる。

 反撃に出たい東大津だが、初回以降立ち直った伊吹先発の千田岳良(2年)に抑えられ反撃できない。

 4回、伊吹は一死から3番山田が四球で出塁すると、4番友田の二塁打で二死二、三塁とチャンスを広げる。5番伊藤が適時二塁打で追加点を挙げると7番杉本、8番前川にも適時打が飛び出し、この回一挙6点を奪う。

 5回、コールドを避けたい東大津は、二死から1番橋間浩聖(2年)が内野安打で出塁するが後続が抑えられ、5回コールドで試合終了。

 伊吹は、タイプの違う東大津の5人の投手を打ち崩し打線の対応力の高さを見せた。

 伊吹先発の千田は、立ち上がりに課題を残す試合となってしまい、2回戦に向けて修正できるか注目だ。

 一方の東大津は、投手陣はもちろん守備陣にも記録に残らない失策があり、春に向けて大きな課題を残す試合となってしまった。

(文=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
草津東vs伊吹【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
草津東がコールドで一回戦突破!秋季滋賀県大会1回戦2試合を徹底レポート!【秋季滋賀大会】 【ニュース - 高校野球関連】
彦根東が逆転で大津商を破る!3回戦2試合を徹底レポート【滋賀大会】 【ニュース - 高校野球関連】
近江兄弟社vs伊吹【滋賀県 2018年夏の大会 第100回選手権滋賀大会】
東大津vs野洲【滋賀県 2018年夏の大会 第100回選手権滋賀大会】
第724回 【滋賀展望】レベルアップ著しい注目の滋賀大会!激戦を勝ち抜くのは?【大会展望・総括コラム】
綾羽vs伊吹【滋賀県 2018年春の大会 春季滋賀県大会】
第12回 伊吹高等学校(滋賀)【冬が僕らを強くする2018】
第518回 高校野球ドットコム座談会 「今年の滋賀はシード、ノーシードの戦力差はほとんどなし!」【大会展望・総括コラム】
伊吹 【高校別データ】
東大津 【高校別データ】
平成30年度 秋季近畿地区高等学校野球滋賀県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る