2018年07月27日 皇子山球場

近江vs近江兄弟社

2018年夏の大会 第100回選手権滋賀大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

近江が5年連続の決勝進出

 

 春夏連続の甲子園出場を目指す近江近江兄弟社に完勝し、5年連続の決勝進出を決めた。

 近江は1回表に一死二塁のチャンスを作ると、3番・家田 陸翔(3年)の中前適時打で1点を先制。対する近江兄弟社はその裏、1番の平井 隼人(3年)が中前安打で出塁すると、続く鈴嶋進也の打席で盗塁を決める。さらに相手捕手の悪送球で三塁に進むと、鈴嶋が右前適時打を放ち、すぐさま同点に追いついた。

 序盤は流れが拮抗していたが、中盤から徐々に近江に流れが傾く。近江は4回表に二死三塁から9番・木村 龍之介(3年)の中前適時打で勝ち越し点を挙げると、5回に無死一、三塁からも4番・北村 恵吾(3年)の中犠飛で追加点を挙げ、2点リードで前半を折り返す。さらに7回表にも一死三塁から北村が再び右翼へ犠飛を放ち、着実にリードを広げていく。

 何とか追いつきたい近江兄弟社は二死二塁とすると、ここまで力投を続けてきた小澤佑大(3年)に代えて堤龍也(3年)を代打に送る。堤はその起用に見事に応える左越え適時二塁打を放ち、2点差に詰め寄った。

 しかし、近江はここから強さを見せる。この回から登板した奥川陽斗(3年)を攻め、二死三塁とすると木村の左前適時打で1点を追加。さらに二死二、三塁とチャンスは続き、この日3安打を放っている2番の土田 龍空(1年)が2点中前適時打を放ち、大きな追加点を挙げた。

 9回表にも1点を追加した近江林 優樹(2年)、佐合 大輔(3年)、金城 登耶(3年)と投手を繋ぎ、近江兄弟社の反撃を振り切った。これで近江は5年連続の決勝進出。2年ぶりの優勝をかけて決勝に挑む。

 近江はここまでの4試合で40得点3失点と攻守に安定した野球を見せている。準優勝に終わった昨年のリベンジを果たして春夏連続の甲子園出場はなるだろうか。

 

(文:馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
神戸国際大附vs近江【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
甲子園二度経験の近江の4本柱の一角・金城 登耶(BC滋賀)が20歳で現役引退 【ニュース - 高校野球関連】
近江が5年連続の近畿大会出場を決める!準決勝・近江vs綾羽を徹底レポート【秋季滋賀県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
近江vs綾羽【滋賀県 2020年秋の大会 秋季滋賀県大会】
近江vs水口東【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
近江vs滋賀学園【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
滋賀学園vs近江兄弟社【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
第1014回 チームの歴史を継承するために。近江(滋賀)は感謝の想いを持って頂点を目指す【後編】【野球部訪問】
第1015回 プロ注目右腕や超高校級の遊撃手・土田擁する5季連続県王者の近江など今年の滋賀県はタレント揃い【大会展望・総括コラム】
第1192回 超前向きな世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。名将も評価するメンタルの強さを武器に躍動を【後編】 【2020年インタビュー】
第1014回 黄金期に入りつつある近江(滋賀)はどうして滋賀王者であり続けることができるのか【前編】【野球部訪問】
第1191回 世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。社会人の練習参加、意識改革で守備のレベルは急上昇【前編】 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第31回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
近江 【高校別データ】
近江兄弟社 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 滋賀大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る