2018年07月24日 皇子山球場

彦根東vs大津商

2018年夏の大会 第100回選手権滋賀大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

彦根東が逆転で大津商を破る

 

 連覇を目指す彦根東が苦しみながらも逆転で大津商を下し、準々決勝進出を決めた。 

 序盤は投手戦となった。彦根東の先発は背番号10のサウスポー・嶋﨑 詠(3年)。大きく曲がる変化球を武器に3回まで無失点に抑える。大津商先発の背番号10・保澤正(3年)は丁寧にコースを突き、打たせて取る投球で一人の走者も許さない完璧なピッチングを見せる。

 

 試合が動いたのは4回表。大津商は一死から連打で一、二塁とすると、5番の西川依吹(3年)の中前適時打で1点を先制。さらに続く伊藤柊二(3年)が右越え適時二塁打を放ち、この回に2点を奪った。

 

 4回まで一人の走者も出せていない彦根東は5回表に一死から5番の高内 希(3年)が二塁手のグラブを弾く内野安打で初めての走者を出すと、続く水谷洸太郎(3年)も左前安打を放ち、一、二塁のチャンスを作る。しかし、7番の中谷 凌(2年)が併殺に倒れ、このチャンスを生かせない。

 

 これ以上引き離されたくない彦根東は6回から原 功征(3年)をマウンドに送る。原は走者を出しながらも落ち着いた投球を見せ、味方の反撃を待つ。

 

 7回裏、彦根東は先頭の3番・朝日 晴人(3年)が右中間を破る二塁打で出塁。続く岡上 士門(3年)は空振り三振に倒れるが、振り逃げで捕手が一塁に送球する間に朝日が三塁に進み、一死三塁とする。ここで高内が中前適時打を放ち、1点差に詰め寄った。

 

 追加点を挙げたい大津商は8回表に二死三塁と追加点のチャンスを作ると、ここで彦根東はエースの増居 翔太(3年)を投入し、必勝態勢に入る。緊迫した場面の中で増居は全球ストレートで三球三振を奪い、球場の雰囲気を一変させた。

 

 こうなると流れは彦根東に傾く。8回裏、先頭の1番・野嵜 重太(3年)が左前安打で出塁すると、大津商は好投を続けていた保澤に代えて背番号8の海老柾輝(3年)をマウンドに送る。この後、一死二、三塁となり、4番の岡上が左中間を破る2点適時二塁打を放ち、逆転に成功。土壇場で初めてリードを奪った。

 

 リードを貰った増居は快調な投球を披露し、連続三振で簡単に二死を奪う。最後の打者も一飛に打ち取り、彦根東が8強進出を決めた。

 

 彦根東は苦しみながらも終盤での勝負強さを見せつけ、接戦をものにした。昨年から目立っていた勝負所での集中力がこの日も発揮された形だ。ここからは強敵との対戦が続くが、3季連続の甲子園出場となるだろうか。

 

 大津商は惜しくも敗れたが、昨年の優勝校を相手に堂々とした戦いを披露した。最後は彦根東の勝負強さに屈したが、自分たちの力を出し切れたのではないだろうか。胸を張って次のステージに進んでほしい。

 

(文:馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
近江兄弟社vs大津商【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
彦根東vs滋賀短大附【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
膳所、八幡商、彦根東など滋賀をリードしてきた伝統公立校たち 【ニュース - 高校野球関連】
「元メジャーリーガー」が関係!? 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由 【ニュース - コラム】
第30回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第4回 滋賀の高校野球2019を漢字1文字で例えて振り返る!【滋賀の高校野球】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
彦根東vs比叡山【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
光泉vs彦根東【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
第933回 近江を止めるのはどこだ?滋賀学園、光泉ら力校が追随する!【滋賀大会展望】【大会展望・総括コラム】
第877回 近江が優勝へ一歩リード!比叡山など注目校が追走する構図に!【大会展望・総括コラム】
第769回 近江・滋賀学園に注目!秋季滋賀県大会、組み合わせ決定【大会展望・総括コラム】
大津商 【高校別データ】
彦根東 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 滋賀大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

彦根東父の誇りの学校でした高木道代 2018.07.24
昨年86歳で亡くなりました父の母校です。
家庭の事情で進学はしなかったのですがいつも母校を誇りにしていました。以前に初出場の時に観戦に連れて行ってあげればよかったと思っています。この誇りを受け継ぐ為に生きていることにして同窓会費を、こっそり払っております。
野球部の皆さんの頑張りに心を押されています。
陰ながらいつも応援しております
大津商巨人軍・幻のエースが天国から見守っています上田 龍 2018.07.20
大津商の前身・大津商業学校は戦前の1939年春に選抜出場を果たしていますが、その時に正遊撃手として出場した広瀬習一投手(1922~44)は1941年シーズン途中に投手として巨人に入団し、同年は8勝、翌年には21勝を上げてチームの優勝に大きく貢献しています。
惜しくもわずか2年で兵役に取られフィリピンで戦死しましたが、後輩部員が甲子園の土を踏めるよう、天国から応援していると思います。

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る