堅守の綾羽が完封発進

 

 シード校の綾羽が自慢の堅い守りをいかんなく発揮し、光泉を破った。

 綾羽1回裏、四死球と犠打で一死二、三塁と先制のチャンスを掴む。ここで光泉は前進守備ではなく、確実に一塁でアウトにする守備体系を取った。すると4番の早津昇実(3年)は体勢を崩されながらも遊撃ゴロを放ち、三塁走者が生還。先制点を奪うことに成功する。

 さらに綾羽は5回裏、この回から登板した光泉2番手の伊藤 有哉を攻めて無死満塁とすると、早津昇が中犠飛を放ち、1点を追加。さらにその後、一死満塁となり6番の今井琉斗(3年)の放った遊撃ゴロで遊撃手の松田 陸(1年)は本塁へ送球する。しかし、このボールを捕手のフェントン・ライアン(2年)が落球。光泉にとっては痛いミスで追加点を献上した。

 綾羽先発の吉川 純平(3年)は抜群の制球力で6回まで与四球0の無失点と光泉の反撃を許さない。しかし、7回表に一死からこの日初の死球を出すと、続く7番の本田尚基(3年)に安打を打たれたところで降板。2番手には太田 翔士(2年)がマウンドに上がる。太田は一死一、二塁のピンチを左飛と三振に切って取り、ピンチを凌いだ。

 太田は走者を出しながらも粘りのピッチングを見せるとバックも好守備で応え、光泉のスコアボードに0を刻みつける。最後も二死一塁から二塁手の山本大樹(3年)が難しいゴロを処理して二塁に送球し、試合終了。堅守の綾羽が3対0で光泉を破り3回戦進出を決めた。

 綾羽は吉川と太田の粘投を無失策の堅い守りで支え、光泉の攻撃を封じた。特に二塁手の山本大と遊撃手の野間海斗(3年)の守備は鉄壁とも呼べる守備力を誇っている。3回戦ではセンバツ出場の膳所と対戦するが、次も堅い守りを披露してくれるだろうか。

 

(文:馬場 遼)