2018年07月11日 皇子山球場

東大津vs野洲

2018年夏の大会 第100回選手権滋賀大会 一回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

東大津がサヨナラで激闘を制す

 

 東大津がサヨナラ勝ちで延長12回の激闘を制した。

 

 野洲は1回表、東大津先発の島口陽斗の立ち上がりを攻め、無死満塁とする。ここで4番の津川仁哉(2年)が中犠飛を放ち、1点を先制する。

 

 対する東大津野洲先発の河島志月(2年)から一死一、二塁のチャンスを作ると、4番の岡部竜也(3年)が左越え適時二塁打を放ち、二者が生還。すかさず逆転に成功する。

 

 主導権を掴みたい野洲は2回表、二死一塁から1番の山本皓葉(3年)が中越え適時二塁打を放ち、同点。さらに二死一、三塁から重盗を仕掛け、勝ち越しに成功する。その後も相手の守備の乱れに乗じて追加点を挙げ、この回4点を奪った。

 

 嫌な形で失点を許した東大津だが、すぐに反撃する。2回裏、二死一、二塁から2番の橋間浩聖(2年)の右前適時打で1点を返すと、続く島口の三塁ゴロが一塁への悪送球となり、二者が生還し、同点に追いついた。

 

 その後も拮抗した展開が続き、同点のまま試合は9回裏に突入。9回裏の東大津は二死二塁とサヨナラのチャンスを作り、この日2安打と当たっている1番の福田憲太郎(3年)に打席が回る。福田は野洲2番手の今龍雅(3年)から中前安打を放ち、二塁走者の森岡隼弥(3年)が本塁に突入するが、中堅手の山本皓が好返球を見せてタッチアウト。サヨナラとはならず、試合は延長戦に入った。

 好プレーでサヨナラを阻止し、勢いに乗る野洲は10回表に死球と犠打で一死二塁とすると、7番に入っている今が中前適時打を放ち、勝ち越し点を奪う。

 勝ち越されても簡単に引き下がらない東大津はその裏、一死二、三塁とすると代わった3番手の福川琉星(3年)から5番の山田祥也(2年)が三遊間を破る適時打で同点に追いつく。なおもサヨナラのチャンスが続いたが、再びマウンドに戻った今が踏ん張り、試合を終わらせない。

 試合が決したのはタイブレークもちらついた12回裏だった。先頭の島口が安打で出塁すると、続く岡部も死球で出塁し、無死一、二塁とする。この走者を山田が犠打で送り、一死二、三塁と一打サヨナラの場面を演出する。ここで打席に立つのは6番の雑賀光生(3年)。雑賀は初球を振り抜くと、右翼手の前に落ちる安打となり、島口が生還。劇的な延長サヨナラ勝ちで2回戦に進出した。

 東大津はリードされても追いつく粘りが見事だった。今日のような粘り強い戦いを見せていければ混戦の滋賀大会を面白くしてくれそうだ。惜しくも敗れた野洲だが、長打を6本放ち、打撃力のあるところを見せてくれた。下級生でベンチ入りしている選手も多くおり、新チームでの戦いに期待したい。

 

(文:馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
草津東がコールドで一回戦突破!秋季滋賀県大会1回戦2試合を徹底レポート!【秋季滋賀大会】 【ニュース - 高校野球関連】
伊吹vs東大津【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
センバツ出場の膳所や東大津が2回戦へ!【選手権滋賀大会・11日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第67回 01年夏の近江の準優勝以降に躍進、18年春センバツは彦根東など3校選出【滋賀・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第12回 01年夏、近江の準優勝で近畿の蚊帳の外から脱却(滋賀県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第166回 【第97回滋賀大会展望】北大津、近江、彦根東など有力校多数!激戦の滋賀大会を制するのは?【大会展望・総括コラム】
高島vs野洲【滋賀県 2013年秋の大会 秋季滋賀県大会】
水口vs野洲【滋賀県 2011年秋の大会 秋季滋賀県大会】
智辯和歌山vs野洲【2009年秋の大会 第62回近畿地区高校野球大会】
東大津 【高校別データ】
野洲 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 滋賀大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る