2018年05月05日 皇子山球場

近江兄弟社vs綾羽

2018年春の大会 春季滋賀県大会 3位決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

近江兄弟社が接戦を制す



8回表に勝ち越し打を放つ近江兄弟社の小澤佑大
 

 機動力野球が武器の近江兄弟社と準々決勝の彦根東戦を継投で完封勝利を収めた綾羽の3位決定戦。終盤までもつれる接戦となったが、近江兄弟社に軍配が上がった。

 

 綾羽の先発は2年生左腕の岡田 雅英近江兄弟社は1回表に1番の平井 隼人(3年)が内野安打で出塁。すると俊足の平井がすかさず盗塁を決め、チャンスを広げる。その後、一死一、三塁となり、4番・犬丸 悠也(3年)の強烈な打球を綾羽の三塁手・磯谷 太陽(2年)が捕球できず、失策となり1点を先制する。

 

 綾羽はその裏に一死から2番・山本 大樹(3年)が安打で出塁すると、近江兄弟社のお株を奪う見事な盗塁を決め、二塁に進む。二死後、4番の早津 昇実(3年)が中前適時打を放ち、すかさず同点に追いついた。

 

 岡田は追いついた後の2回を無失点に抑えたが、2回裏に代打を出されて早くも降板。3回からは小山 孝治(2年)がマウンドに上がる。小山は2回をパーフェクトに抑え、流れを呼び込んだ。すると綾羽は4回裏に一死一、二塁の好機を掴む。ここで小山の代打で登場した上田 修嗣(2年)の右前安打で満塁とすると続く9番・松井 優也(3年)が右翼へ犠飛を放ち、勝ち越しに成功する。

 

 綾羽は5回から太田 翔士(2年)が登板。近江兄弟社は太田の代わり端を攻め、二死一、三塁とすると口分田が右翼前適時打を放ち、同点に追いつく。その後は太田と近江兄弟社先発の小澤佑大(3年)が粘り強い投球を見せ、同点のまま終盤に突入する。

 

 試合が動いたのは8回だった。近江兄弟社が二死満塁のチャンスを作ると8番の小澤が詰まりながらも二塁手と右翼手の間に落ちる幸運な安打を放ち、二者が生還。さらに暴投で1点を追加し、この回で3点の勝ち越しに成功する。

 

 反撃したい綾羽はその裏、先頭の早津が相手の失策で出塁すると、5番の松浦大翔(2年)が左越え適時三塁打を放ち、1点を返す。さらに続く6番の今井 琉斗(3年)の右翼前適時打で1点をに詰め寄る。しかし、綾羽の反撃もここまで。最後は小澤が踏ん張り、近江兄弟社が3位の座を掴み取った。

 

 近江兄弟社の森地道之監督は「小澤が良く投げてくれた」とエースの粘投を評価。冬場にポール間走などでスタミナを強化したことがこの日の完投勝利に繋がった。新チーム発足段階では投手陣が安定していなかったが、小澤の成長はチームにとって大きな収穫と言えるだろう。

 

 敗れた綾羽だが豊富な投手陣と鍛えられた守備でセンバツ出場の彦根東を破るなど健闘した。千代純平監督も「彦根東戦は120点満点のゲーム運びができた」と手応えを感じている。夏に向けては「攻撃のパターンをより増やしていきたい」と攻撃面を課題に挙げた。打線に繋がりが出てくれば夏は面白いチームになりそうだ。

 

(取材・写真=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
精鋭16校が春の北海道王者を目指す!トーナメント表で組み合わせをチェック!【春季北海道大会】 【ニュース - 高校野球関連】
彦根東vs綾羽【滋賀県 2019年春の大会 春季滋賀県大会】
近江が終盤に逆転し決勝進出!!準決勝2試合をフォトレポート!【春季滋賀県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
近江vs綾羽【滋賀県 2019年春の大会 春季滋賀県大会】
綾羽vs高島【滋賀県 2019年春の大会 春季滋賀県大会】
光泉vs近江兄弟社【滋賀県 2019年春の大会 春季滋賀県大会】
綾羽vs長浜北【滋賀県 2019年春の大会 春季滋賀県大会】
第877回 近江が優勝へ一歩リード!比叡山など注目校が追走する構図に!【大会展望・総括コラム】
第54回 水口(滋賀)「全員で『本気』になって、今よりも強く・魅力的なチームへ!」【冬が僕らを強くする2019】
第76回 大阪桐蔭が春夏連覇!金足農の躍進!課題が残ったアジア大会!2018年高校野球を振り返る!【下半期】【高校野球コラム】
第75回 大阪桐蔭が選抜優勝!2018年高校野球を振り返る!【上半期】【高校野球コラム】
第821回 近江が抜群の強さを見せつけた秋季滋賀大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
綾羽 【高校別データ】
近江兄弟社 【高校別データ】
平成30年度 春季近畿地区高等学校野球滋賀県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る