比叡山が一点差の接戦を制す



比叡山先発の中澤

 滋賀学園との乱打戦を制し秋に続いて準決勝に進出した比叡山と、選抜に出場した彦根東を下しノーシードで勝ち上がってきた綾羽との一戦は、終盤まで1点を争う好ゲームとなった。

 

 綾羽の先発は背番号11の左腕・岡田。初回に二死二、三塁のピンチを迎えるが0点に抑えると、その後も毎回ランナーを背負いながらも粘り強い投球を見せ、交代する4回まで比叡山打線を0点に抑える。

 

 一方、比叡山先発は背番号19の左腕・中澤、4回表に二死満塁のピンチを迎えるがこちらも0点に抑え、その後もテンポの良い投球で綾羽打線を抑える。

 

 5回表、綾羽は背番号19の小山をマウンドに上げると、その小山が5回から7回まですべて三者凡退に抑える完璧な投球を披露。

 

 6回裏、綾羽は一死から4番・早津が右前打で出塁するが後続が続かず・先制することが出来ない。

 

 両校、なかなか点を挙げられずに迎えた8回、ついに試合が動く。

 

 8回表、比叡山は二死から死球、左前打、四球で二死満塁のチャンスを作り、この回からマウンドに上がった綾羽・太田を攻める。ここで打席に入った5番・中角が1ストライク2ボールのからの4球目をレフトに運び、比叡山が1点を先制する。

 

 その裏、綾羽はすぐさま反撃に出る。二死から失策と内野安打で二死一、二塁とし、長打が出れば逆転のチャンスを作り、打席には前打席で安打を放っている4番・早津に回る。早津が2ストライク1ボールから振り抜いた打球は比叡山の中堅手・斎藤の頭上を襲ったが、最後は失速し斎藤のグラブに収まりスリーアウト。

 

 綾羽は9回にもランナーを出したが、同点にすることが出来ず、比叡山が昨秋に続いて連続の決勝進出になった。

 

 比叡山先発の中澤は137球を投げ、5安打3四死球完封の投球で、綾羽打線を完璧に抑えた。

 

 敗れたものの、綾羽も3投手による継投で、準々決勝では14得点を挙げている比叡山打線をわずか5安打、1失点に抑えるなど、投手力の高さを見せた。

 

(取材・写真=伊藤 幹太)