2018年05月04日 皇子山球場

近江vs近江兄弟社

2018年春の大会 春季滋賀県大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

近江打線爆発!7回コールドで決勝進出へ



横井(近江兄弟社)

 昨秋の準決勝の再現となった近江近江兄弟社の一戦。近江の打線が爆発し、リベンジを目指す近江兄弟社を下し決勝に進出した。

 

 先発は近江がエースの金城、近江兄弟社は今大会初登板初先発の菊地が登板したこの試合、先制したのは近江だった。

 

 近江は3回表、1番住谷が死球で出塁すると、野選と四球で無死満塁のチャンスを作る。ここで4番北村が死球を受け、押し出しで1点先制する。さらに遊失と犠飛で近江がこの回4点のリードを奪う。

 

 すぐさま反撃にでたい近江兄弟社は直後の3回裏、二死から代打・堤が中前打で出塁すると、1番平井が四球を選び一、三塁とし、暴投で二死二、三塁のチャンスを作る。しかし後続が打ち取られて点を返すことができない。

 

 4回表、近江兄弟社は先発菊地を変え、2回戦の湖南農業戦に登板した横井をマウンドに送る。その横井が近江打線を三社凡退に切り、流れを作る。5回表にも二死一、三塁のピンチを迎えるが無失点に抑え、流れを近江兄弟社に引き寄せる。

 

 横井が作った流れに乗りたい近江兄弟社は5回裏、安打と相手守備の乱れで再び二死一、三塁のチャンスを作るが、後続が続かず近江先発の金城から得点を挙げることができない。

 

 グランド整備を挟んだ6回、近江打線が爆発する。近江先頭の8番・金城が右前打で出塁すると、四球と犠打で一死二、三塁のチャンスを作り、2番・山口が右前適時打を放ち追加点を挙げる。その後二死とされるが、4番・北村と5番・山田が連続適時二塁打を放ちさらに2点を追加。その後7番・有馬の右前適時打でこの回5点を奪い、点差を9点とした。

 

 なんとしても反撃にでたい近江兄弟社だったが、近江2番手の松岡も打ち崩せず、7回コールド負けを喫した。

 

(取材・写真=伊藤 幹太)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
絶対王者・近江が夏3連覇を達成!決勝戦を徹底レポート!【滋賀大会】 【ニュース - 高校野球関連】
近江vs水口東【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
近江vs滋賀学園【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
近江兄弟社vs大津商【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
滋賀学園vs近江兄弟社【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
近江vs瀬田工【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
近江が光泉カトリックとの白熱の投手戦を制す!24日の試合を徹底レポート!【滋賀】 【ニュース - 高校野球関連】
第1014回 チームの歴史を継承するために。近江(滋賀)は感謝の想いを持って頂点を目指す【後編】【野球部訪問】
第1015回 プロ注目右腕や超高校級の遊撃手・土田擁する5季連続県王者の近江など今年の滋賀県はタレント揃い【大会展望・総括コラム】
第1192回 超前向きな世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。名将も評価するメンタルの強さを武器に躍動を【後編】 【2020年インタビュー】
第1014回 黄金期に入りつつある近江(滋賀)はどうして滋賀王者であり続けることができるのか【前編】【野球部訪問】
第1191回 世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。社会人の練習参加、意識改革で守備のレベルは急上昇【前編】 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第30回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
近江 【高校別データ】
近江兄弟社 【高校別データ】
平成30年度 春季近畿地区高等学校野球滋賀県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る