2018年05月03日 皇子山球場

近江vs堅田

2018年春の大会 春季滋賀県大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

手堅い野球で近江がシード権確保



近江先発 教野純之介選手

 昨夏の準々決勝の再現となった近江堅田の一戦。近江が安定した試合運びでリベンジを目指す堅田を振り切った。

 近江は2回表に堅田先発の高山凱(3年)を攻め、2死満塁のチャンスを作る。ここで2番の住谷 湧也(2年)が四球を選び、1点を先制。ここで堅田はエースの坂井 由羽(3年)をマウンドに送る。しかし、坂井も3番の浅野 太輝(2年)に押し出しの四球を許し、この回に近江が2点のリードを奪った。

 近江の先発は公式戦初登板の教野 純之介(2年)。2回に一死満塁のピンチを迎えるが、この場面を遊直に打ち取ると、二塁走者が帰塁できずに併殺成立。一打同点のピンチを無失点で乗り切ると、その後は徐々に調子を上げて5回を無失点に抑えた。

 6回からは主力投手の一角である林 優樹(2年)が登板。この日は制球がやや安定しない部分もあったが、バックの堅い守りにも助けられ、堅田に得点を許さない。早めに追加点が欲しい近江だったが、堅田のエース・坂井が強気にインコースを突く投球で近江打線を苦しめる。

 試合が動いたのは8回だった。代打・近藤樹(2年)の二塁打と四球で二死一、二塁とすると、住谷が右中間を破る2点適時三塁打を放ち、貴重な追加点を挙げる。

 反撃したい堅田は二つの死球で一死一、二塁とすると1番の前川駿が左前適時打を放ち、1点を返す。その後もチャンスが続いたが、ここは林が意地を見せてこれ以上の得点を許さない。林は最終回を三人で切って取り、近江が準決勝に進出。昨年に続いて夏のシード権を獲得した。

 近江の多賀監督は「苦しいゲームだった。教野が御の字の投球をしてくれた」と教野の好投を称えた。この春は「近畿大会で大阪桐蔭と戦って勝ちに行く」という目標を掲げている近江。秋に続く県大会優勝を目指す。

 敗れた堅田は1年生を加えても部員19名と少数精鋭のチーム。この人数で近江と終盤まで接戦を繰り広げたのは大健闘と言っていいだろう。近年は近江が高い壁となっているが、夏にその壁を打ち破ることができるだろうか。

(取材・写真=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
近江兄弟社vs長浜北星【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
近江が盤石な試合運びで初戦突破!2試合を徹底レポート【滋賀大会】 【ニュース - 高校野球関連】
近江vs膳所【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
守備力だけじゃない!打撃力と「縁」も持ち合わせた土田龍空(近江)の野球人生【後編】 【ニュース - インタビュー】
第1010回 周りの人に恵まれた天才型ショート・土田龍空(近江) 誰にも負けない活躍を見せる!【後編】 【2019年インタビュー】
第1009回 土田龍空(近江)「誰もが絶賛する遊撃守備はいかにして形付けられたのか?」【前編】 【2019年インタビュー】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第933回 近江を止めるのはどこだ?滋賀学園、光泉ら力校が追随する!【滋賀大会展望】【大会展望・総括コラム】
近江vs智辯学園【2019年春の大会 近畿大会】
第918回 まだまだいる近畿の逸材!隠れた逸材野手、スーパー1年生たちをピックアップ!【大会展望・総括コラム】
第917回 今年の近畿大会はドラフト候補が勢揃いだった!夏まで追跡したい7人の逸材たち【大会展望・総括コラム】
近江vs高田【2019年春の大会 近畿大会】
近江vs滋賀学園【滋賀県 2019年春の大会 春季滋賀県大会】
第801回 目指すは春夏連続甲子園出場!新世代トップクラス捕手・有馬諒(近江)が描くシナリオ 【2018年インタビュー】
第773回 近江の4番から日本の4番へ!北村恵吾(近江)が語る今夏の活躍と今後のビジョン 【2018年インタビュー】
第770回 甲子園3度出場の北村恵吾(近江)の土台となったケガと経験 【2018年インタビュー】
近江 【高校別データ】
堅田 【高校別データ】
平成30年度 春季近畿地区高等学校野球滋賀県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る