2018年04月29日 県立彦根球場

堅田vs水口

2018年春の大会 春季滋賀県大会 三回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

サヨナラ勝ちで堅田が8強進出



サヨナラ打を放つ堅田・櫻井力
 

 昨夏4強の水口と昨夏8強の堅田による力のある公立校同士の一戦。最後まで白熱した試合はサヨナラで堅田に軍配が上がった。

 

 前半に流れを掴んだのは水口。1回表に堅田坂井 由羽(3年)の立ち上がりを攻め、一死一、三塁のチャンスを作る。ここで4番の小林 海斗(3年)の二塁ゴロの間に1点を先制。さらに3回にも5番・西澤 龍利(3年)の適時二塁打でリードを2点に広げる。

 

 反撃したい堅田水口先発の背番号10・井上 博登(3年)を相手にあと一本が出ない状況が続く。すると5回に二死一、三塁から重盗を敢行。足を使った攻撃で1点を返すことに成功した。

 

 6回に失策で再び2点差とされるが、その裏に代わった水口のエース・渡邉 雅(3年)を攻め、一死一、三塁から8番・坂井の適時内野安打で1点差に詰め寄る。なおも二死二、三塁と好機は続き、1番の前川 駿(3年)が左前適時打を放ち、試合を振り出しに戻した。

 

 その後は両チームが堅い守りを見せ、試合は9回裏に突入する。堅田は一死から3番・中川 大貴(3年)が左翼にあわや本塁打となる当たりを放つと、守備の乱れに乗じて一気に三塁へ進塁。一打サヨナラの場面を作る。ここで水口は満塁策を選択し、打席には6番の櫻井 力(3年)が入る。「ストレートにヤマを張っていた」という櫻井は初球のストレートをセンター前に弾き返し、中川が生還。サヨナラ勝ちで堅田が8強進出を決めた。

 

 人生初のサヨナラ打を放った櫻井は「最高です」と笑顔を見せた。堅田が準々決勝で対戦する近江はこれまでに一昨年秋、一昨年の1年生大会、昨夏と3度対戦しているが、いずれも敗れている。因縁の対決を前に櫻井は「絶対に勝ちたいと思います。見上げるほどの相手ではない」と強気の言葉を発した。堅田にとってこれまで大きな壁として立ちはだかっていた近江に次こそは勝利を収めることができるだろうか。

 

(文・写真=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
7月18日から開幕!滋賀県でも独自の大会開催が決まる 【ニュース - 高校野球関連】
44年ぶりの近畿大会に導いた高橋康二(水口高出身)はBC福井で151キロ右腕へ成長 【ニュース - 高校野球関連】
第1015回 昨秋滋賀8強入りを果たした実力校!瀬田工(滋賀)の注目選手はエース・小辻だけではない【後編】【野球部訪問】
第1015回 「甲子園1勝」を目標に 秋の大会がもたらした選手の意識の変化と課題 立命館守山(滋賀)【後編】【野球部訪問】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第988回 【秋季滋賀県大会】県全体のレベルアップの必要性を感じながらも、見どころの多かった秋【大会展望・総括コラム】
北大津vs水口東【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
玉川vs水口【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
第933回 近江を止めるのはどこだ?滋賀学園、光泉ら力校が追随する!【滋賀大会展望】【大会展望・総括コラム】
第877回 近江が優勝へ一歩リード!比叡山など注目校が追走する構図に!【大会展望・総括コラム】
水口vs水口東【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
光泉vs堅田【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
第704回 スーパー中学生・樋上颯太(湖南ボーイズ) 進化し続ける剛腕が目指すは侍ジャパン! 【2018年インタビュー】
堅田 【高校別データ】
水口 【高校別データ】
平成30年度 春季近畿地区高等学校野球滋賀県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る