2018年04月28日 今津スタジアム

伊香vs八日市

2018年春の大会 春季滋賀県大会 二回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

2年生投手の活躍で伊香の粘り勝ち



投打で活躍を見せた前田 詠仁(伊香)

 伝統校の伊香と秋8強の八日市による有力公立校同士の好カード。試合は最後までわからない熱戦となった。

 

 先手を取ったのは伊香。1回裏に一死一塁から3番の木村 将也(2年)がレフトに適時二塁打を放ち、1点を先制する。さらに4回には二死一、三塁から一塁走者が盗塁を仕掛け、捕手の田中 征廣(2年)が二塁に送球する間に三塁走者の藤居 壮(2年)が生還。追加点を奪うことに成功した。

 

 伊香の先発は背番号18の2年生・前田 詠仁。4回以外は毎回得点圏に走者を背負うが、要所を抑える投球で8回まで0を積み重ねていく。八日市先発の2年生左腕・渡邉 達也も安定した投球を見せ、味方の反撃を待つ。

 

 これ以上、追加点を与えたくない八日市だったが、8回に失策と二塁打で二死二、三塁のピンチを招く。ここで力投を続けていた前田がレフトへ適時二塁打を放ち、貴重な追加点を奪った。

 

 このまま逃げ切りたい伊香だったが、最終回に八日市が意地を見せる。一死二塁から1番の林 和希(3年)がこの日3安打目となる適時打を放ち、ようやく1点を返す。すると続く小野田 充(3年)も続き、一死一、二塁で3番の坂本 優樹(3年)を打席に迎える。
 この好機で坂本もセンター前に弾き返すと、センターの木村が後逸。一塁走者の小野田も生還し、坂本は三塁へ進んだ。一死三塁と一打同点のピンチとなったが、前田は次の打者を右飛に切って取る。するとここで小島義博監督はエースの布施亮馬(3年)を投入。一方の八日市も荒見 渉馬(2年)を代打に送り、勝負をかける。結果は投ゴロで布施に軍配。伊香八日市の反撃を振り切った。

 

 伊香の小島監督は「本当は4-0で終わらないと…」と話しつつも「やりたいことができた。自分たちの間にもってこれた」と満足気だった。

 

(文・写真=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
近江がドラフト候補擁する瀬田工を5回コールドで下す!9日に行われた試合を徹底レポート!【滋賀】 【ニュース - 高校野球関連】
注目右腕・小辻鷹仁の好投で瀬田工が8強進出! 8日に行われた試合を徹底レポート!【滋賀】 【ニュース - 高校野球関連】
第1015回 プロ注目右腕や超高校級の遊撃手・土田擁する5季連続県王者の近江など今年の滋賀県はタレント揃い【大会展望・総括コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
第1015回 昨秋滋賀8強入りを果たした実力校!瀬田工(滋賀)の注目選手はエース・小辻だけではない【後編】【野球部訪問】
第1015回 「甲子園1勝」を目標に 秋の大会がもたらした選手の意識の変化と課題 立命館守山(滋賀)【後編】【野球部訪問】
第1005回 21世紀枠候補・伊香(滋賀)を支える男子マネージャーの存在【後編】【野球部訪問】
第1102回 プロも強く意識した好投手・隼瀬一樹(伊香)の武器は空振りが奪えるストレート【後編】 【2020年インタビュー】
第1101回 21世紀枠候補校屈指の右腕・隼瀬一樹(伊香)の進化のきっかけは練習試合観戦【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
綾羽vs伊香【滋賀県 2019年秋の大会 秋季滋賀県大会】
八幡商vs伊香【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
第704回 スーパー中学生・樋上颯太(湖南ボーイズ) 進化し続ける剛腕が目指すは侍ジャパン! 【2018年インタビュー】
近江兄弟社vs八幡【滋賀県 2018年春の大会 春季滋賀県大会】
北大津vs八幡工【滋賀県 2018年春の大会 春季滋賀県大会】
伊香 【高校別データ】
八日市 【高校別データ】
平成30年度 春季近畿地区高等学校野球滋賀県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る